S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーalのゲーム日記 3660 Fallout 4 の新MOD

2020/2/6 | 投稿者: hal


F/llout 4の新MOD プレイ日記 その36

--------------------------------

ブルスクでげっそりしながらも、気を取り直して再開した所からである。

■ケリー荘園

今度は家の鍵などを取ることができ、2階と地下にも行けるようになった。

又、ローラという女性にも出会ったが、彼女は独り言を言うだけで会話にはならない。

薄暗いというより真っ暗な館を彷徨うこと1時間、各種ホロやらメモやらが集まると、二次電源を修理しろとなる。

これは地階のセキュリティゲートの先に発電機があり、修理が出来る。

その後、左手にある2つのブレーカーを上げれば、修理は完了。

しかし、未だ外には戻れない。

さて、この後は何をすればよいのか?

上階に上がるとホワイトフラッシュ、ウォーレンから感謝の言葉を述べられる。

クリックすると元のサイズで表示します



そしてクエストは「風の音はどこから?」となった。

最下層に降りて進むと、突然マップ移動。

真っ暗な外の世界に出た。

この世界は「界」というらしい。

とにかく暗い。

まるで何も見えないのだ。

ホラー系のMODでは画面が極端に暗いものが多いが、いくらなんでもこれはやり過ぎである。

しかもマップは何も表示されず、どこにいるのかも掴みがたい。

時々「子どもに罰を与える」という声が聞こえて来るが、どちらに行けば良いのか、判断できない。

ふと気がつくと、コンパスには家のマークが出ている。

そちらに進むと、「ケリー一族」というボロ家がある。

そして2階にはマディソンがいた。

しかしやはり話はできない。

動画を調べると、マディソンは普通に会話しているので、こちらの進行の問題か、バグのどちらかだろう。

彼女との会話は、「まずね、この家をけしちゃうの。たくさんのおもいでを。それで世界をけしちゃうの。」

というようなものである。

そしてクエストは「マディソンを殺せ」となる。

その後は帰る為の道があるらしい。

北へ北へとランララン、一路進むとゲートがある。

ここでもSSは撮ったのだが、暗すぎて見えないので割愛、ついにコモンウェルズに戻れた。

これにてKelly Manor Horror全巻の終わりである。

このMOD、面白いことは面白いのだが、次になにをすれば良いのかが明示されないのが難である。

それに度を超した暗さはなんとかして欲しい。

プレイ時間は、説明には30分程度と書いてあったが、Halさんの場合には2時間超だった。

残りはこの3つである。

Vault 494
Attack on Ortaria
World to Come - Gojira Quest Mod

Vault 494は

「Vault 494を探索するクエストを追加します。クエストは救難信号を受信すると自動的に始まりますが、うまく受信できない場合はナハントに追加されたロケーション「ビッグ・フランク・ミニマート」を直接訪れることでも開始できます。」

というものである。


Fallout 4の新MOD プレイ日記 その37へ続く

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ