S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーalのゲーム日記 3658 Fallout 4 の新MOD

2020/2/3 | 投稿者: hal


Fallout 4の新MOD プレイ日記 その34

--------------------------------

Sector Vにて秘密基地へ行く所からである。

■秘密施設

そこは南西部外れの輝きの海で、中継タワーの更に南にある。

黄色い高放射性の霧が渦巻いている、暗鬱な地帯である。

■秘密施設

ここの扉はロックされているが、クローンがいた洞窟で手に入れた、秘密鍵で開いた。

中にはセキュリティドアがあるが、傍らの端末で開けられる。

更に幾つかのロックされた扉も、秘密鍵で開けて入れる。

エレベーターに乗って地下に降りると、ラボ風の部屋があり、そこの端末を調べると「「クライオポッドを調べろ」というクエストになった。

その冷凍ポッドはすぐ上にあり、開けると・・・

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、毎度お馴染み、ほぼスッポンポンに近いブラパン姿である。

これは、ODDERさんの嬉しい趣味によるものだろう。

更に、スミシーは既にここにいるのだ。

どちらが・・・?

「何...あなたは本当にこれが私だとは思わないのですか?あなたは本当に次に何をすべきかについて本当に考えていませんか?

これらのつまずきの言い訳...彼らは私を誘し、このポッドに私を投げた。あなたが通り過ぎていないなら、神だけがどれだけ知っているか...

...または彼らが次にしたい実験。彼らがすべて死んでいるなら、彼女に対処しましょう。これでこの話は終わりです。一度だけ。」

つまり、今まで一緒に行動していたスミシーとこのスミシーは、どちらが本物のスミシーで、どちらがクローンなのか、ということである。

選択肢は「心配しないで クローンを逮捕」と「彼女を殺す−クローンを殺すで、「クローンを逮捕」では、ポッドに入っていた方のスミシーはいなくなる。

どこへ行ってしまったのかはわからない。

或いは主人公が食べてしまったのかも知れない・・・

「クローンを殺す」では、その通りクローンは死んでいて、今までのスミシーがいる。

次のクエストはどちらでも「道を捜す」クエストでエレベーターに乗ることになる。

そして、「スミシーと話せ」となり、彼女と話すと、Sector Vは完了となる。

結局、今まで一緒だったスミシーと、冷凍ポッドの中にいたスミシーと、どちらが本物でどちらがクローンかは、明示されていない。

しかし、これまでの成り行きを見れば、冷凍ポッドのスミシーがモノホンなのだろう。

■コモンウェルズ

Sector Vはこれで終わりかと思っていたが、この後コモンウェルズに出ると、「Sector Vの復讐 Sector Vはあなたを狩っている」という、恐い題のクエストとなった。

数名のSector Vが襲ってくるが、戦うといきなり暗転。

暫く待つと、脈絡もなく突然ドネスカス氏登場。

???

こやつは前回の出会いの時ブチ殺した筈だが?

これはなんなのだ?

怒寝公は長々としゃべりまくり、そしてまたも暗転、「バンカーから抜け出す方法を見つける」となる。

今いる場所は最北部のシモンヤ前哨基地の西である。

とバンパイアブラッドバグとかいう、ゲテモノが襲ってくるが、こちらの武器はバットだけである。

クリックすると元のサイズで表示します

ともあれそ奴を退治してハシゴを登ると、ようやくコモンウェルズに出ることができた。

クエストは「クローンを解凍しろ」だが、マーカーはない。

「何てことだ!スミシーは死んだ!しかし、私は氷の上にクローンを置きませんでしたか?クローンをフリーズ解除する必要があります。おそらく彼女はまだ私に参加したいですか?」

■秘密基地

スミシーのクローンは秘密基地にいた。


Fallout 4の新MOD プレイ日記 その35へ続く

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ