S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3638 Fallout 4 の新MOD

2020/1/8 | 投稿者: hal



Fallout 4の新MOD プレイ日記 その13

--------------------------------

サファリアドベンチャーで、シートーという原始人に出会った所からである。

■サファリアドベンチャー

そして彼の後についていくと、霊長類ハウスに入っていった。

そしてこれが家族だと言うのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

一種のターザンと書いたが、それは真実だった。

シートーの言うことには、彼は子供の頃、彼と同じ人類の家族と生き別れになり、ゴリラに育てられたのだ。

その家族は彼を守ってくれ、水と食物をくれたのだ。

なるほど、これはターザンそのままで、ゴリラは家族である。

そして、ある日老人が現れた。

その老人は自分がゲータークローを作ったと言ってシートーに謝り、光るものをくれたそうだ。

それはゲータークローから身を守るもので、シートーはそれを主人公にくれた。

シートー「ターザン嘘つかない。 シートーも嘘つかない!」

それが「Dr.マクダーモットの日誌」のホロテープだった。

それを聞くとシートーと話すことになり、老人は大きな三角形の家からきたという。

つまりそこがクローンの工場らしい。

大きな三角形の家は、サファリアドベンチャー受付センターだった。

中に入り、従業員用ターミナルを起動すると、地下深く潜ることになった。

そして最深部の端末からクローンの製造中止を選択すると、残りのモンスタークローンを殲滅しろとなる。

このクローンはサファリアドベンチャーのあちこちに散在しているので、結構面倒である。

そして、全てのモンスタークローンを退治すると、「シートーとその家族に対処しろ」となる。

対処とは、シートーとの会話での選択肢らしい。

動物園をレイダーと共有させる

銃を向ける

サファリアドベンチャーから去れ

この中から、シートーの処遇を決めろということなのだろう。

この善良そのもののシートーを追い払ったり、敵対する人はいないだろう。

今回も「動物園をレイダーと共有させる」としたが、この純朴なシートーと、あのRaidersが本当に共存出来るのか、という不安はどうしても残る。

さて、旗はどうするか?

ディサイブルズにしておくか?

まあ、適当でよいか・・・

クエスト欄の「その他」には、各地の上がりを受け取れというものものある。

ついでの時にでも寄ってみよう。

尚、今回のプレイではアナコンダでの、博士のパスコードを探しはなかった。

前回のプレイでは、「AFADのカギ」はトレーラーの屋根にあるAFADのダッフルバッグの中にあり、そして、パスコードはその下のトレーラー内にあったのだ。

次はいよいよ問題のキッディ・キングダムである。

前回は突如マーカーが消えたり、クエストが出なかったりで、ここでヌカワールドを断念したのである。

■キッディ・キングダム

今回も前回同様に妙な状態である。

マーカーが出たり消えたりで不安定だし、クエストも出ない。

びっくりハウスに行くと、「A Magical Kingdom」というクエストが出る筈なのだが、マップのどの地点に行けば、そのクエストが出るのかわからない。

これはどうもバグくさい。

ともあれ、攻略サイトの記事では、びっくりハウスを捜索して攻略するとある。

まずはびっくりハウスに入ってみるか。


Fallout 4の新MOD プレイ日記 その14へ続く

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ