S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3606 Fallout New Vegasの新MOD

2019/12/8 | 投稿者: hal


Fallout New Vegasの新MOD プレイ日記 その1

--------------------------------

今回のFallout New Vegasでプレイ予定のMODは、

Someguyv シリーズ

Someguy Series 2.0
NVBI Version 1.55
NVBII Version 1.46
The Better Angels 1.01
The Inheritance Version 1.29
Russell 1.17

Autumn Leaves

この2種である。

開始は、Someguyvは開始のメッセージが出ているし、Autumn Leavesはラジオを聞くと開始らしい。

「-5?10秒程度で、外にいる場合は、奇妙なラジオ放送についてのポップアップメッセージが表示されます。 (New Vegasと同様、DLCで既に行っています。)」


現在は前回中断していた、DLCのOld World Blues クエスト/Project X-13 から再会である

再開時の状況はこんなもの。

メインクエスト
「The Denver Code Duello」 Dog City Denverその1編 ...

Wild Card: Side Bets イエスマンに各勢力の報告を行う

That Lucky Old Sun NCRの施設である太陽発電所「ヘリオス1」を稼働させる、またはアルキメデスを発動する

Render Unto Caesar シーザー・リージョンの本拠地へ向かい、指示に従う

忘れていたが、このOld World Bluesでは、DLCプレイ中に本篇に戻る事はできるのだろうか。

前回のプレイから大分時間が経っているので、そのあたりは全く記憶にない。

ここで前回のプレイ日記を探し出して調べると、Old World Blue「プレイ中」に本篇に戻る事はできないのだ。

本篇に戻るにはBig Mountain Transportalponderという、武器扱いのツールが必要で、これはDLCクリア後に入手できる。

つまりDLCの途中では戻ることはできないのだ。

それは困る。

今回はMODをやるのが目的なので、コンソールで出してしまった。

plqyer.additem 0700e1b0 1

(このIDの始めの2桁は各人の状況によって異なる)

これで無事モハーベウェイストランドに戻ることが出来た。

これはツールではなくplayer.movetoでも移動可能だろう。

まずはラジオでAutumn Leavesを確認しておこう。

それらしき「ミステリアスブロードキャスト」というラジオを聞いてみたが、ノイズと音楽だけである。

しかし、ワールドマップには出ないが、ローカルマップにはマーカーが出た。

その場所を突き止めるのが一苦労で、ローカルマップのマーカーの方角を頼りに進み、ブラックマウンテン近く迄やってきた。

途中友好的なスーパーミュータントに出会い、このブラックマウンテンにはタビサという女性が仕切っているが、危険だから近寄らない方がよいと、注意された。

山の頂上近くにはパラボラアンテナがあり、放送局に入る扉もある。

■ブラックマウンテンの放送局

中には端末があるが、大したことは書いてない。

2階に上がるとスーパーミュータント出現、これがタビサだった。

それで危険ということだったのか。

こちらは人間女性と思っていたので、余程凶悪な(日本国の最近の女性のように)人物かと思っていたのだ。


Fallout New Vegasの新MOD プレイ日記 その2へ続く


0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ