S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3600 S.T.A.L.K.E.R.のMOD Anomaly1.5β30

2019/12/2 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R. COPのMOD Anomaly 1.5β30 プレイ日記 その30

--------------------------------

ゲーム日記3600回である。

10年間もこのしょうもないゲーム日記を書き綴ったことになる。

なんというアホだろう・・・

アホ記念にタイトルを変更しよう。

「最高齢から最年少通算の最アホ日記!」

これなら名は体を表している。

安心してゲームに戻ろう。

ゲームは、生き返った?チェルノボグの再退治に向かう所からである。

■Generator

チェルノボグはVarlab入口に立っていて、彼と話すのだ。

チエル公「ここにいるのは音と怒りに満ち、何も意味しない。平和な世界にあなたのための場所はありません...」

主人公「あなたの部下は死んでいます。あなたは一人でここにいます。 Strelokはあなたの前にC-Consciousnessを阻止したように、あなたの計画を阻止しました。

これで十分です。あなたは失敗しました。さよならを言う準備をします。」

タスクは「大罪:終盤 チェルノボグを追いかけ、彼が極端な偏見を持って願い事をするのを防ぎます。」となる。

チエル公は又も逃げだし、西にいる。

そこはCNPP2への移動ポイントである。

■CNPP2

チエルはO-C*バンカーの入口にいるようだ。

■O-C*バンカー

ここでついにチエル公撲殺、いや射殺。

しかし死体はない、??

いや、あった!

クリックすると元のサイズで表示します



そしてメモを持っていた。

「ゾーンは奇跡です。マスターは私たちを清めました。まもなく、ゾーンは世界を清めると思いました。しかし、いや。

私たちの小さな楽園は、すぐに罪深い世界の欠陥のある人々によって不法侵入されました。

考えられない残虐行為、ストレロックという名の獣は勇敢なモノリスを不自由にし、マスターの部屋に入って彼らの死すべき姿を殺しましたが、私は絶望することはできません。

私たちシンは、マスターの願いをかなえるための探求に乗り出さなければなりません。私たちは、永遠の平和をもたらすために暴力者に戦争をしなければなりません。」

タスクは「大罪:選択 チェルノボグは死んでいます。 Wish Granterを自分で使用するかどうかはあなたの選択です。」となる。

願望機は石棺の最上部にある筈だが、マーカーはこのチエルの死体付近に出ている。

Wish Granterというのは、Monolith様のことではないようだ。

さて、ではなにをすればよいのか?

これはstitchと話すのだった。

彼と話すと、願望機を使うかどうかの選択肢が出てくる。

ここは当然セーブして両方を試すべきだろう。

使わないを選択すると、会話はそのまま終了し、何事も起こらない。

使うでは「大罪:ゾーンのヒーロー あなたはどこでもストーカーに対する脅威に直面し、勝ちました。成功をSidorovichに報告してください。」となる。

そして、stitchもRougeもいなくなっているのだ。

■Cordon

Sidorovichに話すとメインタスクは完了となる。

つまりAnomalyストーリーモードのクリアである。

しかし、Sidorovichは「よう! ゾーンのヒーロー! おめえのファンが外で待ってるぜ」などと気がかりなことを言う。


S.T.A.L.K.E.R.のMOD Anomaly1.5β30 プレイ日記 その31へ続く

2



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ