S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3593 S.T.A.L.K.E.R.のMOD Anomaly1.5β30

2019/11/24 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R. COPのMOD Anomaly 1.5β30 プレイ日記 その23

--------------------------------

ついにMonolith様のかたわれを入手、Strelokが全てを語るという、大詰めのクライマックスを迎えた所からである。

■O-Consciousラボ

Strelok「ゾーンは奇跡でも悪の現れでもありません。それは自然現象でもありません。

10年以上前に、科学者グループが秘密の実験を行いました。

彼らは、ヌースフィアと呼ばれる神秘的なサイキックフィールドが地球を覆っていることを発見しました。

彼らは、フィールドに影響を与えることにより、世界の人口に影響を与えることができると考えました。

彼らは人々の心から暴力とわがままを取り除きたかったのです。

誰もそれを達成することができなかったので、彼らは非常に強力な発電機のセットに配線された共通の意識になるために彼らの心に参加しました。

予想通り、事態はおかしくなり、実験は大気圏に亀裂を引き起こしました。

発散、または制御されていない精神エネルギーの最初の放出がゾーンを作成しました。
彼らは非常に野心的な科学者の同族でした。彼らはかろうじて理解していた何かを悪用することで人類を直せると思った。

彼らはそれを知りませんでしたが、地獄への自分の道を舗装していました。

人類を「救う」という目標を達成するために、彼らは自分たちを人工的なハイブマインドに変えました。

彼らは誤ってゾーンを作成しました。

彼らは放出、ミラクルマシン、ブレインスコーチャー、ゾンビ、モノリスを担当し、これらはすべて防衛ネットワークの一部でした。

そして、彼らはウィッシュ・グランターを石棺の中に置いたのです。私は彼らを殺す機会がありました...そうしました。

モノリスとしても知られるWish Granterは偽物です。

素朴なストーカーをゾーンの中心に誘い込み、C意識がつかみ、洗脳し、従順な兵士に変えられるようにしました。

私は自分の目で見ましたが、よくわかりませんが、...何かを望んでいたかもしれません。

覚えていない、私の記憶はまだかすんでいる。

2012年にここに戻ったとき、私はその呼びかけに抵抗することができました。そして、二度とそれに対抗したくありません。

しかし、C-Consciousnessの死後のサイキックの反発がそれに影響を与えているかどうか興味がありました。それから、モノリスの破片についての噂を聞きました。」

なんとMonolith様は偽物だと、Strelokは言うのだ。

こうして「生きている伝説:終わり Sidorovichに戻って報告」となる。

いつの間にかStrelokはいなくなっている。

■Cordon

Sidorovichと話すと新しいタスクが始まる。

これでもうエンディングかと心配していたのだが、その心配は無用だった。

ストーリーモードでのメインテキストファイルは、

st_dialogs_lostzone_hb.xml
st_dialogs_lostzone_ll.xml
st_dialogs_lostzone_ms.xml
st_dialogs_lostzone_oa.xml

この4つである。

ここまでやっていたクエストは、st_dialogs_lostzone_ll.xmlでのもので、今からはst_dialogs_lostzone_ms.xmlとなる。

「誰がお前を送ったのだ」という問には、vodnikというその男は奇怪語で、つまり英語で答えた。

またまた泥縄である。

st_dialogs_lostzone_oa.xml
st_dialogs_lostzone_hb.xml
st_dialogs_lostzone_ms.xml

xmlファイルから未翻訳部分を抽出してTXTファイルで翻訳した。

この翻訳はグーグルのファイル翻訳なので、ゲーム用としては使えない。

stalker dialog helperやXmlContentTranslatorのように、特定の文字列の間のみ翻訳する機能がないと、修正に時間がかかり実用的ではない。

現在はどちらも日本語用としては使えないので、参照用として読むだけである。


S.T.A.L.K.E.R.のMOD Anomaly1.5β30 プレイ日記 その24へ続く


0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ