S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3583 S.T.A.L.K.E.R.のMOD Anomaly1.5β30

2019/11/14 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R. COPのMOD Anomaly 1.5β30 プレイ日記 その13

--------------------------------

Radarに入り、X-10でBrain Scorcherの停止をしようとする所からである。

■Radar

このBrain Scorcherタスクには、もう一つ「Brain Scorcherを無力化する」がある。

復活したMonolithがBrain Scorcherを再稼働させた。それを無力化するには高度なpsi防護装置が必要だ。」

で、ファイルはst_quests_radar.xmlである。

これは誰から出たタスクなのかは不明である。

東西に延びる高架パイプ?の西端にある扉は、ロック無しなのでそのまま中に入れる。

しかし、奥のVarlabへの扉は開かずの扉で、AnomalyにはVarlabはないらしい。

或いはどこか別のマップ、例えばGeneratorあたりにあるのかも知れない。

モノリスと交戦しつつ、X-10への入口に着いた。

■X-10

このAnomalyでは、X-10は「X-19」と表記されている。

おまけに中に入ると5分のカウントダウンが始まる。

Brain Scorcherまで辿りつくには、5分はきつい。

しかも時々bloodsuckerなども出て来るので、Brain Scorcherの部屋に入った所で討ち死に。

後30秒あれば・・・

gamedata\configs\scripts\bunker\x10_timer_restrictor.ltx

このファイルらしいので、ちょいといじってみた。

成功である。

クリックすると元のサイズで表示します



これでのんびりX-19を彷徨える。

かくして最下層に辿りつき、Brain Scorcher制御のレバーを降ろした。

このMODでは、操作するレバーは一つだけで、その後のイベントもない。

マッチ箱を作る暇があったら、おもろいタスクとイベントを作ってくれい!

タスクは「生きている伝説:飛び地」となる。

「ゲートキーパーはひげに敬意を表します。後者はStrelokについて何か知っているかもしれません。」

このひげとは、クマさんことBeardらしい。

マーカーはZatonに出ているからである。

さて、ここからはまた延々と来た道を引き返さなければならない。

S.T.A.L.K.E.R.にはショートカットなどいう、軟弱惰弱なものは存在しないのだ。

なにせストイックがウリなんだからね。

でも・・・ 

存在して欲しい・・・

ここでサブマシンのメモリ交換をした。

12GBという半端なメモリなのは、8GBにあり合わせの太古メモリ、2+2GBを突っ込んだからである。

Fallout 4やS.T.A.L.K.E.R.の最新MODをやるには、最早8GBでは完全に足りない。

そこでジュラ紀的古典メモリを入れていたのだが、Out of Memoryはなくなったが、動作はぎこちなく、カクカクの連続だった。

ゲームだけなく、通常のアプリでも動作のぎこちなさと重さはあり、再起動すると改善名される場合もあるので、これはやはりメモリの問題らしいと、気づいたのである。

メモリ交換の効果は大で、メインマシンとほぼ同じスムーズさになった。

もっと早く気がつくべきだった。

ともあれ、これでゲームプレイも快適になった。

ホクホク・・・


S.T.A.L.K.E.R.のMOD Anomaly1.5β30 プレイ日記 その14へ続く

0



2019/11/19  15:11

投稿者:hal


Raizaさん こんにちは


いつも情報有難うございます。

実はFast / Backpack travelのファストトラベルは既に設定していたのです。

ところが設定したのは詳細設定の部分で、先頭に大元の有効無効の項目があったのですね。

それをOnにしていなかったので、だめかと思いそのままにしていました。

前回のコメントで、再度調べたら、大元設定があり、Onで無事ファストトラベル可能になりました。

バッテリは改造で電気を使用しないようにしてしまいまた。


2019/11/19  14:40

投稿者:Raiza

遅くなりましたがファストトラベルの有効化について

オプション(エクストラ)から Fast / Backpack travelという項目を選択して
Disabled(無効化)、Visited only(一度訪れた場所のみ)、Show all(全て)
からVisited only(一度訪れた場所のみ)、Show all(全て)のどちらかを選択すれば可能です
無条件でどこへでも行きたいのならShow allに

他のオプションは戦闘中でもファストトラベルを使えるようにや、時間経過ありなし、重量制限のオンオフ等が出来ます

Progression Difficultyの数値をいじればバッテリーの消耗速度やスタッシュ情報の入手確率、トレーダーの品揃え更新の時間等が設定可能ですよ

2019/11/15  9:39

投稿者:hal


おお! Raizaさんお久しぶりですね、

オプション画面のエクストラは、ざっと見てはいたのですが、英文なのと端が切れる(フォントサイズをでかくしているため)のとで、良く読んでいませんでした。

エクストラや天候設定などのマニュアルとか、日本語化とかはないものでしょうかねえ?

あまりにも設定数が多すぎて、どの項目をどう設定すればどうなるかが、よくわからないのです。



2019/11/15  8:54

投稿者:Raiza

お久しぶりです

Anomaly1.5 Beta3.0はExtra Optionやアドオンで自分好みの調整が出来るので
リアリズムが苦手ならそれで緩和させると良いですよ

移動が面倒ならExtra Optionのファスト/バックアップトラベルから機能をOnにすれば
瞬時に移動出来ますし、その移動も行ったことのある名所限定から、行ったことのない場所全て、重量制限無視して移動等の設定があります

ヌルゲー化から超ハードコア化まで設定出来ますから難易度設定を見直すのも手かと

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ