S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3579 S.T.A.L.K.E.R.のMOD Anomaly1.5β30

2019/11/9 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R. COPのMOD Anomaly 1.5β30 プレイ日記 その9

--------------------------------

100radでBarkeepにStrelokのことを聞くと、彼は4人の仲間と共に北へと旅だった、という情報を聞かされた所からである。

■Rostok

更にBarkeepの話は続く。

「伝説を追おうとするとそれが得られます。彼は再びチェルノブイリ原子力発電所に照準を合わせたに違いない。

そこに到達することは、特にブレインスコーチャーの場合、かなりの試練になるでしょう。ある種の高度なPsy保護がなければそこには行きませんでした。

ゲートキーパーとそのカバーされた話を聞くと、彼はバリアを守るのを助けるひたむきな歩き方のスラブです。彼は後であなたを助けるかもしれません。」

こうして、「Brain Scorcherから脳を守るための、サイキックデバイスを入手する」となる。

場所は当然Yantarである。

それにしても、進行が速すぎる。

これはCoCのストーリーモードも同じだったが、バニラSOCのストーリーをなぞる(タスクの中味は新しいが)だけで、基本的には同じようなものだからである。

尚、Garikがどいてくれたので、奥に入ってみたが、誰もいないしなにもない。

このへんの素っ気なさが嬉しくないのである。

Naradnaya SolyankaのArhara賛や、「Secret Path 2」の作者antreg賛なら、なにかしらの道具立てを用意してくれている(いた)だろう。

彼らが活躍したのは10年近く前のことである。

S.T.A.L.K.E.R.SOCの発売後、10年経ったが新作は出ない(CSとCOPは新作ではなくDLCである)し、この先も出そうにもない。

S.T.A.L.K.E.R.2の発表はあったが、発表通りに発売されることは全く期待していない。

それはともかくとして、10年経つとMODDERさんの顔ぶれと感覚も変わってくるようだ。

最近のS.T.A.L.K.E.R.MODにはかなりの違和感を感じる、今日この頃である。

オールドタイマーの悲哀ということなのだろうか?

Dutyのペースにも監視は少なく、そのまま地下に降りられる。

しかも地下にいるのはVoronin以外には1名だけである。

Voroninからはタスクが出たが、このタスクはIDだけで内容は不明である。

足りないファイルがあるようで、IDは「bar_dolg_leader_task_1_name」である。

しかし、このタスクはst_quests_bar.xmlにちゃんとあるのだ。

はて? どういうことなのだろう?

「新しいZoneの秩序」で「Voronin将軍は敵の兵士を間引くことを望んでいる。%sを集めろ。」というものだ。

「聞いて、ストーカー。私たちを破壊したい敵もいますが、私たちはゾーンを破壊するよう努めています。

欲望、無知、妄想に駆られた犯罪者、アナキスト、狂信者。ゾーンは引き続き主要な脅威であり、大規模な紛争を引き起こす余裕はありませんが、敵にその厚かましさを容認しないことを知らせます。私たちに反対する愚か者を排除します。」

こんなものである。

これでは敵がどこにいるのかわからない。

マーカーも出ないのでどうしようもないのだ。

ファイルにはエンドタグのエラーもないし、なぜIDのみしか表示されないのだろう?

これは放置とし、Wild Territoryに向かった。

RostokとWild Territoryは一体ではなく、移動ポイント経由となる。

■Wild Territory

Bandit1名を倒すと、Barkeepのタスクは完了になってしまった。

なんなんだ、これは。

墜落ヘリ近くにはKruglovもいないし、敵もいないし、なにもない。

なんともあっさりしたというか、手抜きというか・・・


S.T.A.L.K.E.R.のMOD Anomaly1.5β30 プレイ日記 その10へ続く

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ