S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3578 S.T.A.L.K.E.R.のMOD Anomaly1.5β30

2019/11/9 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R. COPのMOD Anomaly 1.5β30 プレイ日記 その8

--------------------------------

毒多と話してStrelokの行方は、Agropromのcatacombらしいと聞いた。

そこで早速catacombに入った所からである。

■catacomb
しかし、今回のターゲットは、いつものStrelokの隠れ家ではなかった。

マップをよく見ると、マーカーは4つの大タンクの中央にある、バンカーに出ている。

■Agroprom

このマーカーはまるであてにならず、単に目的物の場所に入る地点、というだけのものらしい。

それに、ミニマップには、近くにならないとマーカーは表示されない。

事前の想像以上に使いにくいMODである。

やはり見落としだった。

Strelokの隠れ家で、床を調べるとメモが落ちていた、

「StrelokがRostokにいるなら、それについてはBarkeepに聞け」というものである。

南の研究所はmilitaryの基地になっていて、多数のmilitaryと戦闘になったが、研究所内には特別なものは何もなかった。

東のトンネルにもなにもない。

■Garbage

このMODのGarbageは、製品版7割、build版3割という感じのマップだが、人は至って少ない。

一体にAnomalyではNPCが少ないようだ。

西のトンネルにもなにもない。

蚤の市にはトレーダーがいるが、品物は何も持っていない。

それは普通、トレーダーとは言わないんじゃないか?

蚤の市自体も製品版とは随分違う。

Barへの移動ポイント付近にも全く人がいない。

■Rostok

このMODでは、BarがRostokというマップ名で、本来のRostokはWild Territoryとなっている。

流石にBarに入るとDutyがいるが、リーダーから出るタスクは、Wild TerritoryでBanditの足止めである。

場所はWild Territoryに入ってすぐの地点となっている。

しかし、まずは100radである。

それにしても、ヘッドライトに充電するには、一々装備から外し、それに電池をドラッグするという、無駄な手間をかけねばならない。

なんで装備したままで、そこに電池をドラッグして充電できるようにしないのだろう。

こんな手間をかけなければ、ゲームが面白くならないとでも言うのだろうか。

アリーナにはアーニーがいて、バトルの差配をしているので、まずは一試合。

アリーナに入ると拳銃以外のアイテムは全て無くなっている。

無論、これは試合の後で返して貰えるが、大半のアイテムは装備から外されていて、また装備しなおさなればならない。

100radでBarkeepにStrelokのことを聞くと、

「なに、ここのバー?いいえ、あなたは彼をわずかに逃しました。彼は昨日通りかかった。私は彼に多くの人が彼を探していると言ったが、彼は彼がチャットにとどまることができないことを断固としていた。

彼は他の4人のストーカーと一緒に北に向かった。 Brain Scorcherが再びアクティブになったことを思い出したが、彼は気にしなかったようだ。

私の台所で食べ物の半分を買い上げて、彼らは出かけました。彼がゾーンの最も危険な場所で長年生き延びていなかったなら、私は彼を愚か者と呼ぶでしょう。」

とのことである。


S.T.A.L.K.E.R.のMOD Anomaly1.5β30 プレイ日記 その9へ続く

1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ