S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3574 S.T.A.L.K.E.R.のMOD Anomaly1.5β30

2019/10/31 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R. COPのMOD Anomaly 1.5β30 プレイ日記 その4

--------------------------------

CordonでAnomaly 1.5β30を開始した所からである。

■Cordon

このFlashlightのデバイスは、headlampやノクトで、装備すればNではなくLで通常のライトとして使用できる。

Sidorovichからは幾つかのタスクが出る。

Sidorovichのタスクは、SOCバニラと似たようなものだが、願望機の話をするとMOD独自らしいタスクが出た。

1つは「生きている伝説・オールドフレンド」、Strelokにからむもので、ドクターをSwampsで捜すものらしい。

ここは未だ日本語化されていないので、英文のままである。

もう一つは「Yanov駅でロキと会う」である。

textフォルダをみると、未だ翻訳されていない部分やファイルが非常に多い。

これは参照用に奇怪翻訳をしておかないとまずいのだが、量が多すぎる。

画面を見ながらデジタル辞書をひく方が、当面は楽そうだとも思ったが、ふと思い立って、Googleで一行ずつ翻訳してみようとした。

ところが・・・

現在のGoogle翻訳には、「1ファイル丸ごと翻訳」の機能が入っていた。

但し、xmlには対応しておらず、TXTやXLSなどのみである。

そこで、xmlをTXTにリネームし、文頭の<?xml version="1.0" encoding="utf-16"?>を削除、それでGoogleファイル翻訳に入れてみた。

成功である。

但し、</ text>や</ string>のように、アングルブラケットの後にスペースが入ってしまう。

又、「%」は全角の「%」になっていて、そのままではエラーになってしまう。

これはTextSS.net.exeで複数一括変換をし、その後は、文頭に<?xml version="1.0" encoding="utf-16"?>をコピーした。

さらには、「テキスト」や「文字列id」など、訳さなくて良い所までお節介にも訳してしまが、これは前々からのことである。

やはりstalker dialog helperのように、S.T.A.L.K.E.R.に特化した機能の翻訳ツールではないので、やむを得ない所だろう。

この修正で大変な時間を費やしてしまった。

TextSS.net.exeでの複数一括処理もエラーが多く、結局最終的には全て手作業になってしまった。

ともあれ、メインのst_dialogとt_qestOはこれでエラーはなくなり、無事日本語で起動できた。

今回は有志の日本語訳をベースに、未訳の部分が多いファイルを中心に訳した。

st_dialogs系とst_quest系だが、有志によって既に訳されている部分はそのまま残る。
ただ、このGoogleファイル翻訳では、50キロもあるような巨大テキストファイルは、全ては翻訳されない。

おおよそ20ー30キロあたりがリミットらしい。

それを防ぐには、ファイルを分割しなければならないのだが、こちらはそのあたりのことが不明のまま、丸ごと盆訳してしまった。

あの面倒くさい修正を、もう一度やるのは嫌なので、とりあえずはこれでいくつもりである。

この作業のために、丸一日半仕事をサボってしまった・・・

でもそのおかげで、楽しく(苦しく)Anomalyをプレイできそうで、大賀の至りである。


S.T.A.L.K.E.R.のMOD Anomaly1.5β30 プレイ日記 その5へ続く

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ