S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3553 Fallout 4の新MOD プレイ日記

2019/10/14 | 投稿者: hal


Fallout 4の新MOD プレイ日記  その45

--------------------------------

カジノ経営のために、ダイヤモンドシティでチラシを貼る所からである。

■ダイヤモンドシティ

壁にチラシを貼ると、早速アンバーという女の子が興味を示したので、話すことになったが、生憎UIFと撃ち合いになってしまい、話せない。

幸い不死属性らしいので、死んでしまう恐れはなさそうだが、もどかしいのは変わりない。

これはUIFMODを切るしかなさそうだ。

pluginsやloadorderなどでUIFを削除して、試してみた。

OKである。

UIFは出現せず、アンバーとその友人トーリと話すことが出来た。

彼女達はこのDepravityの麗しい慣習による、ローブデコルデより豪華絢爛たる衣装を身につけている。

クリックすると元のサイズで表示します



彼女達は以前FusionCityで働いていたことがあるそうだが、なにかの理由(不明)で辞めてしまった。

そしてその後、新しい仕事を探していたので、チラシに興味を持ったという。

こうしてヘッドハンティングその1はOKとなった。

次はバンカーヒルでチラシ配りである。

なにやら日本のバイトをやっているような気がしてきた。

■バンカーヒル

ここではドゥガルという冒険家(自称 他人は風来坊と呼ぶ)と話した。

彼はスコットランドからコモンウェルズに至るまで旅をしまくり、今ここにいるが腕利きのバーテンでもあるという。

かなりのホラ吹きらしいが、彼にもRexford Hotel & Casinoへの就職を依頼しておいた。

次はコベナントである。

しかし、クエストではコベナントとなっているが、実際にはノースボストン警察署である。

■コベナント

ノースボストン警察署に近づくと、夥しい数のマイアラークが出現、それと戦っているとクエスト失敗のメッセージが出た。

どうやらターゲットのNPCをFFしてしまったらしい。

即やり直し。

今度慎重にffしないようこころがけ、OKである。

ターゲットはイワンという武器業者らしい男で、これもレクスフォードで働くことになった。

クエストは「エリーと話せ」となり、チラシバイトはようやく完了となった。

■レクスフォードホテル

エリーにヘッドハント完了を話すと、自室のターミナルをみろとクエストが変わる。

端末には「MODメインタスククリア、おめでとさん」のメッセージが・・・

ああ、ついに終わってしまったか。

エンディング間近という状態なのはわかっていたが、やはり寂しい。

このDepravityは大傑作と迄は行かないが、充分に楽しめただけにもう少しプレイしたかったという気持ちはある。

しかし、物事にはすべて終わりがあるので、やむを得ない。

上階ではアンバーとトーリが踊っていた。

ドッグミートと共演するアンバー。

クリックすると元のサイズで表示します



ドゥカルもタキシード姿でバーテンをやっていた。


Fallout 4の新MOD プレイ日記 その46へ続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ