S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3541 Fallout 4の新MOD プレイ日記

2019/10/2 | 投稿者: hal

Fallout 4の新MOD プレイ日記  その33

--------------------------------

ジェイクの足跡を追って、ジェントルメンズ・クラブを探している所からである。

翻訳ファイルを調べると、やはり、ジェントルメンズ・クラブが先で、しかも医療センター又はマスベイ医療センターから遠くはない、というのが、危なげなヒントである。

しかも、根っ切り葉っ切りこれっきりのヒントなのだ。

ジェントルメンズ・クラブを探している内に、前の日記にぶちあたった。

なんと1年半程前に、このGuerlot's Radioactiveをやっていたのだ。

内容どころかプレイしたことすら忘れていたのは、印象が薄かったからだろう。

ともあれ、日記のおかげで、ジェントルメンズ・クラブはボイルストンクラブだとわかった。


■ボイルストンクラブ

入ってすぐ前にあるエレベーターに乗ると、目の前に男がいる。

ウィットフィールドという男だが、グールである。

クリックすると元のサイズで表示します

彼と話して驚いた。

彼はジェイクの祖父だったのだ。

そして、彼が言うには、ジェイクは両親に連れられてここへやってきたが、すぐ帰ったとのことである。

そしてクエストは、「Vault-tec社のオフィスを探す」となる。

この部屋は骸骨が多数あるが、ウィットフィールドの友人達だそうだ。

しかも、彼らのいるテーブルの上には、毒入りの酒瓶が並んでいるのだ。

まさかこのグール爺さんが・・・?

奥の部屋には、ジェイクのメモもあったが、特に重要な内容は書かれていない。

「Vault-tec社のオフィスを探す」だが、ここの北にはVault-tecの地区本部があるが、恐らくそこのことだろう。

■Vault-tec社地区本部

入ると、「Vault111の手がかりを探す」となる。

出てきたフェラールグールの一人が、フランク・デビッドソンという男で、「運命のペン」というペンを持っていた。

これは毒入りのペンで、これで相手をつつくと毒が回ってお陀仏という、おっかないペンである。

このVault-tec社地区本部のマップには、ビーコンヒルという移動ポイントが幾つかある。

どんな所かは不明だが、これは行ってみなければなるまい。

■ビーコンヒル

セーブして入って見ると、ワールドマップではVault-tec社地区本部と同じ場所なのだが、瀟洒な建物が建ち並ぶ風光明媚な所である。

しかし、突如あまり風光明媚でないモンスターが出現。

クリックすると元のサイズで表示します



名前だけはスワンという優美な名前である。

それにこの白鳥は見た目と違ってあまり堅くなく、あっけなく倒せた。

このスワンがいた池は「スワンの池」というおとめちぃくな名前が付いている。

これもまたなにか実体とそぐわないような・・・

風光明媚でおとめちぃくでも、特に何もないので、Vault-tec社地区本部に戻る事にした。

■Vault-tec社地区本部

ここでは2階にジェイクのログ5がある筈である。


Fallout 4の新MOD プレイ日記 その34へ続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ