S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3492 Fallout 3のMOD CHAOTIC SUNプレイ日記

2019/8/13 | 投稿者: hal


Fallout 3のMOD CHAOTIC SUNプレイ日記 その64

--------------------------------

Reilly's Rangersクエストをクリアし、「アガサの歌」を始めた所からである。

■Vault92

Vault92は非常に薄暗く、しかも荒廃し尽くしていて、陰気である。

広大なVaultを彷徨い歩いていると、サウンドテスト室に出た。

目的のフィドルはこの奥の管理室にある筈である。

しかし、肝腎のストラッドがどうしても見つからない。

前回はスムーズに見つけたらしく、あまり詳しいことは書いてないのだ。

SSを見ると、ストラッドの容器は、ミイラを入れる棺のような独特の形をしているので、見ればすぐ気がつく筈なのだが?

「サウンドテスト室から管理室に入り、厳重なセキュリティのドアを開けると、中にソイル・ストラディバリウスがあった。」

クリックすると元のサイズで表示します

と前回の日記にはある。

セキュリティが厳重なのはわかっとるわい!

そんなどうでもいいことを書くより、どのドアなのかを、具体的に書いておかんかい!
と、悪し様に罵ったが、これは入るルートを誤ったためだった。

自分のことは棚に上げて、他人(これも自分だがw)を誹るのも、得意技の一つである・・・

無事ソイル取得、一目散にVaultの外へ。

■アガサの家

アガサにストラッドを渡してクエスト完了。

アガサばあさんはお礼にフィドル演奏を披露してくれた。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、主人公がこのような素晴らしい曲は、歴史に残すために書き留めておくべきだと言うと、図に乗ったばあさんは、「なら、五線譜を取ってきてちょうだい」などと簡単に言うのだ。

この荒れ果てたウェイストランドのどこで五線譜など見つけろと言うんだ?

まあ、自分から言いだして引き受けてしまったことは、後戻りできない。

どこかで五線譜をみつけねば。

■スプリングベール小学校

Wikiの情報をたよりスプリングベール小学校にやってきた。

入って右へ行き、突き当たりの部屋の倒れた机の下に五線譜があった。

クリックすると元のサイズで表示します

■アガサの家

アガサに五線譜を渡して全て完了。 

大分前から「独立宣言文書を公文書館から回収する」というクエストが出ている。

これは誰からの依頼だっけ?

まあいい、公文書館に行ってみればわかるだろう。

■公文書館

ここではシドニーという、ご同業の女性と出会い、手を組むことになった。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、彼女の話で、このクエストの依頼者は、Rivet Cityのアブラハム・ワシントンだったことを思いだした。

彼からはトーマス・ジェファーソンの独立宣言書を取ってきてくれという依頼を受けたのだった。

それは公文書館にあるらしい。

ワシントンは以前独立宣言書を探させるために、ある女性を派遣したが、彼女はそのまま帰ってこなかったということである。

それにしてもアブラハム・ワシントンとは、随分と欲張った名前である。

USAの著名大統領の二人前を独り占めしているのだ。


Fallou 3のMOD CHAOTIC SUNプレイ日記 その65へ続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ