S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3484 Fallout 3のMOD CHAOTIC SUNプレイ日記

2019/7/31 | 投稿者: hal


Fallout 3のMOD CHAOTIC SUNプレイ日記 その56

--------------------------------

ウォルフガングの奥さんのヘルガを、奴隷商人から救出し、Vault52まで護衛中の所からである。

それはあっちにおいといて、このヘルガさんはやたら足が速い。

陸上中距離の、元ドイツ代表選手なのではない?か

息を切らしながら後をおいかけ、ようやくVault52についた。

■Vault52

さて、ではウォルフガングに報告である。

ウォルフガングからはヘルガ救出のお礼に何か貰ったらしいが、このMODでは報酬が表示されないので、何を貰ったのか幾ら貰ったのかは不明のままである。

又スチュアートというシニアエンジニアからは、「ポータブルテレポートの実験の手助け」を依頼される。 これは各所にあるアイテムを取得してくるものらしい。

まず最初はRockville Commonsである。

■Rockville Commons

なんという品物だったのかは、バックログがないのでわからないが、まあ行けばわかるだろう。

ところが、Rockville Commonsに着くと、マーカーはRivet Cityに変わる。

???

■Rivet City

Rivet Cityに着くと、マーカーはRockville Commonsに変わる。

??????

ここで前回の日記を調べると、ようやくわかった。

必要なものは、「フラミスタット、フラックス・キャパシタ、そしてカタストロフィック・コンバータ」の3つである。

それが一つはRockville Commonsで、もう一つはRivet Cityで売っている、ということだったのだ。

ではまず、Rivet Cityでカタストロフィック・コンバータを購入しておこう。

と市場に入ったらCTD。

はあ・・・

Rockville Commonsからやり直し。

フラミスタットはオッズ&エンズで売っていた。

ではRivet Cityである>

しかしまたも同じ所でCTD。

ふと思いついてBandicamを停止してみたら、それでOK。

Bandicamは時々こういう悪さをする。

便利なツールではあるが、これはやはり困る。

フラックス・キャパシタだが、マーカーはVault52を指している。

ホールのRamirezからフラックス・キャパシタを購入することが出来、これで3つのパーツは全て揃った。

クリックすると元のサイズで表示します

これはVault52の監督官スチュワートに届けるものだ。

ラボで彼と話すと大いに感謝され、お礼にオフィスで試作機(つまり個人用テレポーター)をくれるという。

オフィスというから別の部屋かと思ったら、このラボの片隅にあった。

クリックすると元のサイズで表示します

そこの机の上にあるアイテムから、ビーコンとリモコンを取る。

ビーコンを任意の地点に置き、リモコンを操作すればその地点までテレポートできるという、スグレモノである。

スグレモノ?

とんでもない!

これはFO3バニラのマーカーをセットしてからそこへ飛ぶという、あの機能そのものじゃないか。

単に「テレポーター」とか仰々しいネーミングをしただけのものである。

アホラシ・・・

このスチュワートも「松戸菜園試験」だったのだな。


Fallout 3のMOD CHAOTIC SUNプレイ日記 その57へ続く。


0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ