S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3479 Fallout 3のMOD CHAOTIC SUNプレイ日記

2019/7/30 | 投稿者: hal




Fallout 3のMOD CHAOTIC SUNプレイ日記 その51

--------------------------------

Rockville Commonsの村長ジェイムソンからの依頼で、モール捜索のためにメガトンに来た所からである。

■メガトン

モールはメガトンへ入ってすぐみつかる。

ブラス・ランタンの前にたたずんでいたのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

彼の話では、護衛は盗族に殺されたが、彼は運良くメガトンに逃げ込んだ。

しかし盗族共が町を取り囲んでいるので、帰るに帰れない状況だというのだ。

このようにして主人公はモールの護衛を引き受けることになった。

しかしこの護衛タスクが意外と難しい。 

まずFTは使えない。

モールはFTについて来られるが、バラモンがついて来られないのだ。 

このクエストではモールだけでなく、荷物を積んだバラモンも一緒に連れていかないと、クリアにならないのだ。

なので遠路遙々ウェイストランド道中膝栗毛ということになる。

これが又面倒で、ネックはバラモンである。

人間や犬なら楽々通れる所でも、荷物を満載したバラモンは通れないのである。

水辺にしても、ちょっと深いところではバラモンは通行できない。

あれもできない、これもできない、これではバラモンではなく「バカモン」だ!

しかし、何故バラモンを首二つに設定したのか、理解に苦しむ。

頭が二つあっても、脳みそは二つどころか一つ分さえ怪しい位のアホさ加減である。

おまけにこのモールは、護衛任務対象のNPCの通弊として、極めて扱いにくい。

一応指示として「ついてこい・ここで待て・走って先導・先導」があるのだが、この内「走って先導」は使えない。

彼はやたら足が速いので中々追いつけないからである。 

つまり先導にしたくてもできないのである。

走り回った挙げ句、敵にやられてクエスト失敗となる。

「ついてこい」が一番無難なのだが、こちらは土地不案内、川などがあると徒渉点の選択に苦慮する。 

セーブロードの連続で切り抜けるしかないだろう。

こちらはドッグミートの犬かき。

クリックすると元のサイズで表示します


Fallout 3のMOD CHAOTIC SUNプレイ日記 その52へ続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ