S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3458 Fallout 3のMOD CHAOTIC SUNプレイ日記

2019/7/10 | 投稿者: hal


Fallout 3のMOD CHAOTIC SUNプレイ日記 その29

--------------------------------

「Knight OF Shadow」クエストで、飛び上がったヘリが着陸せず、文字通りの宙ぶらりんになっている所からである。

■Extraction zone

前回のこの後は、City of Angelsで、Knights of Shadow のCarcassi将軍と話すと、タスクは終了。

つまりそれでlibrarian全巻の終わりだった。

今回はその直前で、文字通りの宙ぶらりんになっているのである。

City of Angels迄行っても、特に面白いことがあるわけでもないので、今回はLibrarianはここで打ち止めとした。

内容的にはエキゾティックで風変わり、画像もきれいだし、今回も楽しめた。

ただし、万人に薦められるMODではない。

Extraction zoneからは戻る道はないので、その前からロードした。

さて、次はどうしようか。

やはりAlton ILか。

スタート地点はRivet Cityである。

■Rivet City

今回は日本語訳もあるので、クエスト名は「彼女は動機で動きます」、ダラス空港のユーティリティトンネルを見つける、というものである。

リバーシティの近くのマンホールに入り、マーカー地点に行くとフェンスがあるが、これは開けられない。

入って直ぐ左手にある鍵のかかったドアから入り、階段を下った最深部に電気のスイッチがある。 

これが先程のフェンスの巻き上げスイッチである。

戻るとフェンスは巻き上げられていて、そのまま進むとダラス空港にでる。

クリックすると元のサイズで表示します

■ダラス空港

ここでは「アウトキャストの指揮官、アトキンスと話せ」となる。

先へ進むとバラックの中にアトキンスがいた。 

クリックすると元のサイズで表示します

彼と話した後、選択肢が出るが、暫くの間(Alton ILをクリアする迄?)はウェイストランドに戻って来られなくなる、というCautionが出る。

ここで1度セーブしておいた方がよいと思われる。

Alton ILは「イリノイ州 オールトン」の意で、実際にイリノイ州にはオールトンという都市がある。

マディソン郡の市で、セントルイスの北方約15マイルに位置し、人口は3万人程の小都市である。

Atkinsと話して西への旅を決定し、彼の後をついて行き航空機にのるが、その航空機は何かの事故(或いは攻撃)で墜落する。

(というような展開なのだろう)と前回の日記では書いているが、今回も同じである。

なんとなれば、その説明の語りは全て英語だからである・・・

放り出されたイリノイ州の「どこか」。 目の前にはマイケル・ジャクソンダグラスという男がいる。

彼と話すと、盗まれた装備を取り戻せというクエストになる。 マーカーはウェイストランドの最北部にある。

今いる地点も最北端に近い位置にあるのだ。

第1目標の地点belleviewへのドアの前には、又ダグラスが居る。 ともかくこの中に入らなければならないらしい。 これはなんなんだ、Monolith様の試練の一つなのだろうか?

クリックすると元のサイズで表示します

中へ入るとクラークという男が近づいて来て、なにやらわからぬことを言った挙げ句いきなりブン殴られ、気がつくと牢屋の中にいる。

しかも装備は全て召し上げられて、僅かなアイテム以外はなにもない。


Fallout 3のMOD CHAOTIC SUNプレイ日記 その30へ続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ