S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3453 Fallout 3のMOD CHAOTIC SUNプレイ日記

2019/7/5 | 投稿者: hal


Fallout 3のMOD CHAOTIC SUNプレイ日記 その24

--------------------------------

MOD Darknessをクリアし、次のMODlibrarianに入った所からである。

■東Anacostia

しかし・・・

このMODは英語のみで、日本語訳がないことを忘れていた。

Fallout 3 librarian 日本語

ありませんがな。

めぼしいMODは大半が日本語に訳されているのに、librarianだけなぜ?何故?ナゼ?

と無い物ねだりをしてもしょうがない。

前回の日記を参照すれば、おおよその意味はわかるだろう。

Librarian開始。

ここがミュージアムの入口らしい。

クリックすると元のサイズで表示します

中に入るとLibrarianという男がいる。

クリックすると元のサイズで表示します

彼と話すとAngelinaという娘さんを探すためにレオに会えと言われる。

一旦外に出て、地下鉄に入るとハートレスという男に出会った。

彼にレオのことを聞くと、50キャップで教えるという。

仕方なく払うと、なにやらペラペラと教えてくれたが、奇怪語ではよーわからん。

ハートレス「おれが話しているのは英語なんだが?」

Halさん「英語は奇怪語の方言の一種だい!」

ありがたや、ハートレスは金網の柵の鍵もくれていたのだ。

その鍵を使って柵の中に入った。

地下鉄の線路上で、台車の修理をしているのがレオである。

クリックすると元のサイズで表示します

生憎、このレオも奇怪語の方言を使うので、言っていることはわからん。

しかし、この後はMetroサービスヤードに行くことになったことは、わかった。

奇怪語方言がわかったのではなく、タスク欄にそう書いてあるのでわかったのである。

帰り道はショートカットがあり、すぐ東Anacostiaに戻れた。

このあたりはFalloutの良い所である。

S.T.A.L.K.E.R.では、帰り道のショートカットを用意してくれるMODなどまるでない。

■Metroサービスヤード

このあたりに来ると、煙霧が立ちこめていて、朝だというのに薄暗い。

全てが荒廃の極にあるFalloutらしい、素晴らしい雰囲気である。

クリックすると元のサイズで表示します

マーカーの場所に着くと、線路上にはハンドカートがある。

そして「ハンドカートを使い、北へ向かって旅を続けろ」というメッセージが出る。
 
クリックすると元のサイズで表示します


Fallout 3のMOD CHAOTIC SUNプレイ日記 その25へ続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ