S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3443 Fallout 3のMOD CHAOTIC SUNプレイ日記

2019/6/23 | 投稿者: hal


Fallout 3のMOD CHAOTIC SUNプレイ日記 その14

--------------------------------

「うち捨てられた手洗い所」で、Halさんの熱狂的ファンと出会った所からである。

■うち捨てられた手洗い所

しかも、この「熱狂的なファン」という敵は、「とっても素敵な私のハルさん」というメモまで持っているのだ。

嘘はいわない、Halさんは嘘と坊主の頭はゆったことがない!

このHalさんには熱狂的なファンがいるのだ。

ほれ、この通り。

クリックすると元のサイズで表示します



まあ、「とっても素敵な」という表現はないが・・・

ここでアンブレイカブルタウンでは、まだ行っていないところがかなりあることに気がついた。

■アンブレイカブルタウン

まずはマップ最南部にあるマンホールから、アンブレイカブルタウンの地下に入ってみた。

■アンブレイカブルタウンの地下

B1フロアでは、タウンの警備員らしい黒人女性がミュータントと戦っていたので、早速加勢した。

敵の1人は青いパスカードというのを持っていたが、何処で使うものかは不明である。

他には特になにもないので、B2に降りてみた。

B2にはブランコの家へのドアがある。

ブランコの家とはどういう意味なのだろう?

ブランコの家自体には大したものはないが、そこからテオドラの家に入れる。

そこにはテオドラがいたが、彼女も精神異常者の耳を持っていた。

それにしても、このCHAOTIC SUNに出て来る女性の敵は、恥知らずな服装をしている者が多い。

クリックすると元のサイズで表示します



まるでHalさんの趣味を知っているみたいなのだ。

浸水する壊れた地下鉄にも入って見た。

ナジャは中々強いのだが、口うるさいのが玉に瑕である。

敵を罵るまくること、パイパーといい勝負である。

「ここで死ねっ!」

「新鮮な血! ちょうど飲み頃」

「あたいとで会ったのがお前の運の悪さだい!」

「やってやるぜい!」

地下鉄2から閉ざされた 事務所に入ると、ここにも恥知らず美女がいて、精神異常者の耳を持っていた。

クラークの家へ続くマンホールがあった。

天井裏に入ると、流通倉庫から隔離されたアパートに入ることが出来た。

ここはかなりの数の敵がいて、ナジャは口と刀で大活躍。

その後はハッピー通りに入った。

■ハッピー通り

ここにはハッピー薬局やハッピー会館、ロブコ修理店、スーパーハッピーマーケットなど、かなりの数の店がある。

まずはスーパーハッピーマーケットに入ってみたが、ここはウルトラスーパーマーケットのコピーらしい。

敵は多数出てきたが、アイテム類はなにも持っていない。

次はハッピー会館である。


Fallout 3のMOD CHAOTIC SUNプレイ日記 その15へ続く。


0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ