S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3438 Fallout 3のMOD CHAOTIC SUNプレイ日記

2019/6/16 | 投稿者: hal


Fallout 3のMOD CHAOTIC SUNプレイ日記 その9

--------------------------------

G.E.C.K.取得のためにVault87に入り、解放してやった善良なスーパーミュータントフォークスが、G.E.C.K.を取ってくるのを、待っている所からである。

■Vault87

このドアの横には端末があり、そこから緊急放射線除去という選択肢を選べる。

但し、換気装置がダウンしていてそのままでは動作しないので、フォークスを解放しない場合は、その換気装置の修理という進行になるのだろう。

フォークスは完全な不死属性ではないが、事実上の不死身である。

それに攻撃力も最強クラスなので、大いに頼れるコンパニオンになってくれる。

しかも彼はスーパーミュータントとはとても思えない、生半可な人間以上に「いい奴」なのだ。

フォークスは約束通りG.E.C.K.を取ってきてくれた。

そして一緒に来ないかという主人公の誘いには、「それをしたらお前の迷惑になる。 人間はスーパーミュータントには慣れていないからな」と断るのである。

ここでフォークスとは「一旦」お別れだが、彼とは後に再会することになる。

この後はVault87からの脱出となるが、ファストトラベルは禁物である。

ここでは重要なイベントが起きるからである。

それはエングレイブに襲われて囚われてしまうからである。

そして、折角苦労して取得したG.E.C.K.も奪われてしまった。

■レイブンロック

気がつくと目の前には、父の敵のあのエングレーブ士官がいる。 

かれの名はオータム大佐というが、何故あの時父と一緒に死ななかったのかは、ベセスダの都合によるものである。

彼は浄化プロジェクトはほぼ完成したが、後は起動のためのコードのみだと言う。

しかし、主人公はそんなコードなど知らないのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

オータム大佐と押し問答をしていると、エンクレーブの大統領ジョン・ヘンリー・エデンがインタホンで話しかけてくる。

「オータム大佐の件は謝罪する。 持ち物も全て返すし、拘束も解く。 だから私と話し合って欲しい」と言うのだ。

この後は、エンクレーブの大統領ジョン・ヘンリー・エデンの所に行くのだが、Fallout 3のメインストーリーは、既に終盤に入っている。

そろそろMODとDLCをやっておこうか。

Brotherhood of Steelの要塞でサラ・リオンズと会話し、巨大ロボットと共にエンクレーブ退治をするのが最終クエストなので、その前のどこかの地点でメインクエストを中断することにした。

現在地はレイブンロックなので、ここを脱出したらメイン中断としよう。


ここからはレイブンロックの廊下を延々と進む。

途中のエングレーブは敵対する者もいるし、無視して通してくれる者もいる。

大統領の「攻撃せずに通せ」とのアナウンスと、オータム大佐の「大統領の命令は無視し、見つけ次第射殺せよ」の命令が交差して流れる。

そして2Fに上がり、回廊を果てしもなく巡って行くと、ついにレイブンロックの管制室に到着した。

しかし、そこには巨大なコンピューターがあるだけで、大統領もその他の人間もいない。

コンピューターには、「ZAXパネル」と表示されている。

クリックすると元のサイズで表示します

そしてそのZAXは、「私がエングレーブの大統領だ」と言うのだ。

エングレーブの大統領は、スパコンだったのである。

スパコンZAXは、「現在の世界はミュータントに制覇されている。 君の父の研究は興味深い。 それにもう一つ手を加えれば、ミュータントを絶滅させることが出来る。」と言う。

その方法は、目の前にある改良型FEVウイルスを浄化装置に投入することである。 

ここではどの選択肢を選んでも、「FEVウイルスを持たないと、外には出られない」と言われ、強制的に持たされてしまう。

ZAXの処遇については、こちらで選択でき、ZAX自身の完全停止と自己破壊もできる。

■ウェイストランド

外に出ると、レイブンロックが炎上しているのが見える。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでフォークスが待っている筈なのだが?


Fallout 3のMOD CHAOTIC SUNプレイ日記 その10へ続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ