S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3436 Fallout 3のMOD CHAOTIC SUNプレイ日記

2019/6/16 | 投稿者: hal


Fallout 3のMOD CHAOTIC SUNプレイ日記 その7

--------------------------------

父は使命に殉じて死に、ドクターリーらと、タフトトンネル経由で脱出をしている所からである。

■タフトトンネル

敵を排除しつつ進むとドアがある。 このドアは右側のスイッチで開閉できる。

クリックすると元のサイズで表示します

今回はBoSの衛兵には出会わず、いきなりハシゴとなって、ウェイストランドへの出口と表示される。

ようやくこの脱出行も終わったのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

結局生き残ったのは、主人公以外ではドクターリーと、研究員2名だけだった・・・

■BoS要塞

要塞の門は堅く閉ざされていて、衛兵は「ご用のないもの通しゃせぬ」などというのだ。

じれたドクターリーはインタホンで「リオンズ、そこにいるのはわかっているわ。 早く通してちょうだい。」と怒鳴る。

すると「通りゃんせ通りゃんせ」と巨大な門が開き、一行は要塞内部に入ることが出来た。

長老であるエルダー・リオンズが出迎えてくれて、ドクターリーと話す。

ドクターリーは浄水プロジェクトがエンクレーブに乗っ取られたこと、父が死んだことなどを話した。

ここではまずスクライブ・ロスチャイルドに、戦前のコンピューターのアクセス方法を尋ねるのが第1のクエストである。

しかし、サラ・リオンズがやってきたので、ついフラフラとついていってしまった。w

夕暮れの中を静かに歩むアーマー姿のサラ。

美人はどんな状況でも絵になりますな。

クリックすると元のサイズで表示します



要塞内部は自由に行動できるし、赤マーク以外のアイテムも自由に取得できる。

ここではパワーアーマーの強化や装着の方法を教えて貰うこともできる。

Fallout4での強権的高圧的BoSに馴れていて、久しぶりにFallout 3をやると、同じBoSでもその違いの大きさに驚かされる。

Fallout 3でのBoSは、開明的で穏やかであり、同じBoSとも思えぬ程なのだ。

これは一つにはリーダーの違いもあるのだろうし、時代の違いもあるのかも知れない。
ラボへ入り、スクライブ・ロスチャイルドと話すと、戦前のコンピューターであるVault-Tecコンピュータはリングaの公文書館にあるとのことだ。

早速行ってみた。

クリックすると元のサイズで表示します

公文書館でVault-Tecコンピュータを調べると、Vault87の項目でクエストクリアとなり、詳細はスクライブ・ロスチャイルドに聞けと表示される。 

ではラボに戻つてロスチャイルドに聞いて見よう。

しかし、マーカーの地点には誰もいない、

やり直して今度はOK。

ロスチャイルドと話すと、やはりG.E.C.K.はVault87にあるらしいことがわかった。 但し放射線が高く通常では入ることが出来ない。 しかし、ランプライト洞窟からなら入れるかもしれないとのことである。

そして、Vault87の位置を地図で教えてくれた。

クリックすると元のサイズで表示します

次の目標はランプライト洞窟である。

■リトル・ランプライト

浮浪児(ほぼ死語である)の巣窟のリトル・ランプライト。

何故かこの洞窟の入口はイルミネーションで飾られている。

観光客でもいるのだろうか。

入ると柵の所には子供がいて、「ボクは市町だ」と威張っている。

市町? 妙な名前だな。

市町「市町じゃない、市長だ!」

ともあれ市長をダマして説得して、Vault87への道筋を教えて貰った。

このリトルランプライトの、殺人通りという物騒な名前の通りを行けばいいらしい。


Fallout 3のMOD CHAOTIC SUNプレイ日記 その8へ続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ