S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3434 Fallout 3のMOD CHAOTIC SUNプレイ日記

2019/6/9 | 投稿者: hal


Fallout 3のMOD CHAOTIC SUNプレイ日記 その5

--------------------------------

父を訪ねて3千里、虎蘭着なるバーチャル・リアリティにうちまたがり、何処ともしれぬ田舎町にやってきた所からである。

■?

まずは老婦人ディザーズを探さなければならない。

ディザーズはこの世界がVirtualだと認識していて、捨てられた家に行けという。

見捨てられた家には、壊れたラジオとコンクリートブロック、ノームの人形、グラス、空の瓶がある。

どうやらこの見捨てられた家が当たりらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでアイテムを決められた順番で動かすらしい。

正しければチャイム風の音が、間違っていればブザー音、又はチャイムの後にブザー音が出る。

なんと今回は一発でいってしまった。

ラジオ、ピッチャー、ノーム、ピッチャー、ブロック、ノーム、ビンの順である。

そして現れた端末で、中国軍侵入のシミュレーションを選び、外に出ると中国兵が侵入して来ている。

そしてベティがいた広場には、ポータルのドアが・・・

こうしてVault112へ戻ることが出来た。

そこには父がいた。

前回の日記では

「父と話し再びrivetcityに行くことになる。 しかしアメリカ人というのは情緒過小で、随分久しぶりに父親と会ったのに実にあっさりしたものである。

これが日本なら、

「とうちゃん! 会いたかったぜ。 随分さがしたんだよ!」
「息子よ! ワシも会いたかった。 良く見つけてくれたな!」

「よよ!」
「よよ!」

と二人は泣き崩れる・・・

といったシーンが展開される筈なのだが、毛唐はその点素っ気ないもんですな。」

などと書いている。

ここに限らず、Naradnaya SolyankaのPantherと兄の再会シーンでも、実に素っ気ない。

久しぶりの兄妹再会なのに、ロクに挨拶さえしないのだ。

欧米人と日本人の感覚は、まるで違うのである。

父もあのトランキルの世界に囚われていたそうだ。

そして浄化装置を稼働するために、リベット・シティに行くとのことである。

その後はこのとっつぁん、リベットシティの艦載機より速い速度で走り出した。

しかもとっつぁんは、素手でエンクレーブを殴り殺すは、空を飛ぶ敵はたたき落とすは、無双の限りをつくすのだ。

この人、一応科学者じゃなかったのか?

これでは科学者と言うよりプロレスラーではないか。

■リベットシティ

ラボでは、ファストトラベルより先についた父は、ドクターリーと話している。

クリックすると元のサイズで表示します

それにしても、ファストトラベルより早く走れる人類が存在するとは、夢にも考えなんだ。

父の願いは、「もう一度浄化装置を立ち上げたい。 そしてG.E.C.K.の所在を確認したい」というものだった。

しかし、GECKならベセスダのサイトに行けば、いくらでもある筈なんだが?

このワタシだって一つ持ってるぞ。

始めは呆れていたドクターリーも、父の熱意に打たれて協力を約した

研究員のチームをジェファーソン記念館に派遣することになったのである。

■ジェファーソン記念館

ジェファーソン記念館に着くと、既に研究員のチームが集合していた。

クリックすると元のサイズで表示します


Fallout 3のMOD CHAOTIC SUNプレイ日記 その6へ続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ