S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3406 S.T.A.L.K.E.R.CSのMOD Doppelganger763プレイ日記

2019/5/18 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.CSのMOD Doppelganger763プレイ日記 その21

--------------------------------

Fangの足取りを追って、Radarに行くことになった所からである。

■Jupiter

ではRadarに行く前に、Zarkaさんに一言ご挨拶をと、Zatonへ向かおうとすると、「Radarを調べろ」というメッセージが出る。 

これはautoscannerからのものである。

■Zaton

ここからJupiterに戻るポータルは、未だ活性化されていない。

南西部のIronForestの西端の小屋から下に降りるとワープ、Jupiterに出た。

これで帰り道は確保したので、南部高原に行ってみよう。

しかし、南部高原にはZarkaさんはいなかった・・・

ではJupiterに戻ろうと、ワープポイントに入ったが、これがJupiterではなく、延々と続く鉄道トンネルだった。

■Rift

このトンネルはこれまでのDoppelgangerプレーでは、未だ入ったことのないマップらしい。

(これは勘違いで、既に入ったことがあった。)

「Rift」というマップ名になっている。

とりあえず、あてもなく進んで見るしかなさそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します

このトンネルは果てしもなく続き、しかもPseuddogやポルターガイストー、Blurまがいなどの敵がやたら多い。

そろそろAMMOの残量が心配になってきた頃、どうやらJupiterの地下にいるらしいことに気がついた。

上方は裂け目になっていて空が見える。

それでRift(裂け目)というのだろう。

そして行き止まりの地点ではマップ移動となり、Jupiterの車両庫地下に出た。

■Jupiter

あまりにも道草を食い過ぎて、本来はなにをしようとしていたのかまで忘れてしまった。

RadarでFangのなにかを調べるのが、目的だったのだ。

ガリーナブレークでGarbageに飛び、BarからArmy Warehouseに出れば、Radarに行ける。

■Radar

いきなり長い長いムービーが始まる。

難関BTRの坂登りのシーンである。

タイトル名から始まり、Limanskの架橋工事からこのRadarでのBTRの戦闘と続くが、とにかく長くド派手でえらくカッコエエムービーなのだ。

オープニングのムービーと好一対である。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

前回は坂の途中で前進と後退のキーが逆になるという、珍事があったが、今回はどうだろうか。

マップには「探索するおおよそのエリア」という、灰色マーカーが出ているが、その位置が坂を上った地点である。

このあたりになると、タスクは大半がタスク欄には表示されないので、うっかりしていると見落としやすい。

まずはmilitaryとscientistsと話し、BTRに搭乗する。

しかし、どうやら修理キットが必要らしい。

これは手持ちがあったので、BTRの前で「use」、これでいいのか?

そしてFキーでようやく搭乗、まずはエンジン起動である。

このキー設定が762のオプション画面にはなかったし、この763にもないので、エンジンの起動など出来るわけがない。。

これはガイドで以下のように書かれている。

注:車両火災アップ文字"O"。(ゼロではなくオー)

暫くはあちこちにぶつかりエンスト、Backしてまたエンストと、有事進んでふと気がついた。

このBTRは機銃が使えないのだった。

正しくは、「使えない」ではなく「使い方がわからない」である。

機銃が使えないBTRなど、ブログを書けないHalさんのようなものである。

つまりは無用の長物。


S.T.A.L.K.E.R.CSのMOD Doppelganger763プレイ日記 その22へ続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ