S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3326 OGSE 0693 FINAL 再プレイ

2019/2/27 | 投稿者: hal

SOCのMOD OGSE 0693 FINAL 再プレイ プレイ日記その3

--------------------------------

ATP襲撃タスクの途中の所からである。

■Cordon

一人で突入を選び、ATPで6.7名のBanditを倒し、Nimbleと話してフラッシュドライブを貰えば、タスクは完了である。

クリックすると元のサイズで表示します


Sidorovichからは、特別な仕事として、militaryにアーティファクトの袋を渡し、武器を受け取れというものが出た。

Wolfからは、「ダイナマイトを見つけろ」となるが、このダイナマイトは、前回のプレイでは脱線した機関車にあった筈である。

機関車の中にダイナマイトはあり、医師の依頼のミートチャンクアーティファクトは、その機関車の屋根の上にあった。

クリックすると元のサイズで表示します

「militaryのKuznetsovとアーティファクトと武器を交換しろ」タスクは、そのアーティファクトの容器はWolfに話すと渡してもらえる。

但し、これはザポロージェツというウクライナ製の車で運ばないと、高架線下にいるクズネツォフというクズは、武器は渡してくれないのだ。

ザポロージェツは、まるっこいかわいらしい感じの車である。

あったぞ! ルーキーキャンプのとある家の庭?にあった。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、エンジンがかからない。

ガス欠らしい。

ガス缶はATPの廃屋の中にあったような・・・

ガソリン補給は「テンキーの・キー」である。 
車の後に回って・キーを押すと、燃料補給完了、エンジンも始動した。

さてさて、では出発!

しかしこの車、恐るべきボロ車で、ルーキーキャンプから道に出る坂を登れないのだ。 

クリックすると元のサイズで表示します

かなり手前からフルスロットル(というのもおこがましいが)で勢いをつけて進まないと、ほんの10メートルほどの坂の途中でエンコしてしまい、しかもエンジンまで止まってしまう。

情けなくもそのままずるずると、坂の下までいざりおりてしまうのだ。

なのに坂の手前には、ルーキーキャンプの見張りが立ちはだかっているので、ぶつけないよう、その脇をすり抜けなければならないのだ。

それでもなんとか道に出た。 これで一安心。 やれやれホッ・・・

クリックすると元のサイズで表示します

そしてクズ前迄苦心して車を運び、首尾良く武器の箱を入手した。

しかし、前回はいきはよいよい、帰りは怖い。

坂の途中にいる見張りにぶつけてしまい、イカッタ見張りは銃をぷっぱなすわ、MODもイカってCTDするは、さんざんである。

という有様だった。

今回は慎重に、這うより遅くそろりそろりと車を進めて、ついにルーキーキャンプいり。

待望のタスク更新である。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、こんな車とも言えぬ粗大ゴミが、公道を走れるとは、流石おそロシア、ゾーンの奇跡だろうな。

ゾーンには車検もないし、整備不良車両は通行禁止でもないのだろう。

ところがこれだけ苦心惨憺して運んだ荷物を、Sidorovichは受け取ろうとしない。

これまた前回と同様に得意技大発動、これはSidorovichではなく、Wolfに渡すものだった。

医師と話すと、医師はそのアーティファクトを持ってけが人の所に行き、木魚を叩くような、ネコをなぜるような、そば粉をこねるような、治療以外の何事にでも見えるような手つきをした。

クリックすると元のサイズで表示します

すると、あぁら不思議あら不思議、けが人は元気になって立ち上がった。

そしてその男からはキャッシュ探しのタスクが出た。

しかし、その男はタスクの話の後、パタリロと倒れて死んでしもた。

なんなんだ、これは・・・

このキャッシュは、廃工場にマーカーが出ている。

Sidorovichの特別な仕事は、まず「旅人と話せ」で、バニラと同じく高架橋西のトンネル付近にマーカーが出ている。

次に、「Agropromでmilitaryの文書を取り、それをBarのBarkeepに渡す」というもので、これもバニラと同じである。


SOCのMOD OGSE 0693 FINAL 再プレイ プレイ日記その4に続く。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ