S.T.A.L.K.E.R.最高齢プレーヤーHalのゲーム日記 3295 Lost Alpha 最終版

2019/1/28 | 投稿者: hal


Lost Alpha DC 1.4007 最終版 プレイ日記その20

---------------------

Barが襲撃され、BarkeepとVoroninはOutskirtsに脱出した所からである。

PripyatのOutskirtsに行くには、Radar経由とSwamps経由の2つのルートがある。

これはメインタスクなので、この後は終盤となってしまう。

その前にForestでのタスクと、Nimbleのタスクをやっておこう。

■Cordon

西側のバンカーにはFoxがいて、メカニックをやっている。

ここではちゃんとアップグレードができ、ABAKANにグレラン装着と、チェイサーの弾倉増量をやっておいた。

しかし、Nimbleが見つからない。

前回は前の家の対角線にある南側の家にいたのだが、今回はそこにはいないし、他の家にも見あたらない。

或いはルーキーキャンプではなく、高架線北の廃屋にでも行ったのか。

しかし、NimbleはATPにも廃屋にもいない。

Nimbleは諦めてForestに転進することにした。

■Forest

Bar経由でForestへ。

移動ポイント付近にはDutyがいるが、有効印なので問題は無い。

このLost AlphaでのForestは、NS系の昼なお暗い深い山と深い森ではなく、周囲は明るく開けた開放的な森なのである。

クリックすると元のサイズで表示します

今回のプレーでは、Forestでは3つのタスクがある。

地理的に一番近いのは、Kruglovの楽譜探しで、東南東に緑マーカーがある。

その次はほぼ真南に、Petrenkoの鉱山で難でも探しタスク、その東にSeriyの行方不明のストーカータスクとなっている。

ではまず楽譜探しから行こうか。

作曲家の家は、これが「とても有名な作曲家」の家なのか?と疑問しか浮かばない廃墟である。

しかもゾンビがやたら多い。

クリックすると元のサイズで表示します

この家のピアノのある部屋に楽譜が落ちていた。 

クリックすると元のサイズで表示します

次は鉱山である。

ここが鉱山の坑道入口である。

クリックすると元のサイズで表示します

内部は完全にCSのRed Forestの坑道そのものである。

従業員室の机に上に文書があり、これが鉱山なんでも探しのひとつだった。

しかし後が続かない。

下部の坑道にも降りてみたが、何もない。

一旦鉱山の外に出て、東の灰色マーカーに行くと、ストーカーが倒れていて、仲間のストーカーを助けてやってくれと頼まれる。

場所は先程の鉱山近くである。

但しこれはタスク欄には表示されていないタスクなのだ。

鉱山に入ると、karikというチビが襲ってくる。

クリックすると元のサイズで表示します

これは前回はBlurと表示されていたが、今回はまともに表示されている。

それはよいのだが、中ではpsi攻撃らしい幻影と、白一色か真っ暗闇とが交互に現れ、まともに周囲を見ることすらできない。

一体に今回のLAでは画面効果を使いすぎる。

画面効果があまり好きでないHalさんにとっては、嬉しくないのである。

それに又スクリプトがおかしくなってきているのだ。

いつの間にかストーカー救助が、タスク欄から消えている。

うぅむ・・・・・・


Lost Alpha DC 1.4007 最終版 プレイ日記その21へ続く

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ