S.T.A.L.K.E.R.最高年齢プレーヤーHalのゲーム日記 3222 Dead Air プレイ日記

2018/11/18 | 投稿者: hal

S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD Dead Air V0.98プレイ日記 その2

---------------------

Sidorovichに報告すると、次のタスク「Swampsでの回収」となった所からである。

■Cordon

とにかく疲れるMODである。

今使っているライトは、武器の一種という扱いなので、片手武器とは併用できるが、アサルトライフルなどの武器とは併用できない。

つまり、真っ暗な中で銃を撃たなければならないのだ。

双眼鏡も普通に設定したのでは使えない。

通常は、双眼鏡は武器5に設定されていて、フルキーの5を押せば使用できる。

しかし、このDead Airではそれでは使用できないのだ。

ライトと同様、縁もゆかりもない、Gキーを押すと双眼鏡が使えるようになる。

もしかして、日本語IMEのせいかと、DVORAKに変更してみたが、それでも結果は同じである。

まだある。

普通はマウスのセンターボタンをクリクリすれば、順繰りに武器が出てくるが、このMODでは3のライフルまでしか出て来ない。

したがって、双眼鏡はマウスで選択はできないのだ。

あまりの使い勝手の悪さに、始めたばかりなのに、もう忍耐が限度にきている。

それでも気を取り直してSwampsへ。

マーカー地点の車には箱があり、それを取ってSidorovichに報告するとCTD。

はい、もうがまんできまへんで!

ということでこれにてDead Air終了。

日記1.5回で終了とは、Halさんの長い長いS.T.A.L.K.E.R.MOD生活でも最短記録である。

Dead Airは合わないだろうとは思っていたが、ここまで合わないとは自分でも意外だった。

せめて、タスクに一工夫してあれば、もう少しは楽しめたのだろうが、行きました、取りました、落ちました、ではどうしようもない。

このMODは、MODDER=サド、プレイヤー=マゾッホの関係でなければ、楽しくプレーできないだろう。

「下郎! 私の靴をお嘗め!」

「女王様ぁ! ○金水を、黄○水をくださりませい!」

私の好みである、長大で変化に富んだストーリーや、複雑で難度の高いタスクとは、全く無縁のMODなのだ。

修理パーツセットやら調理道具やらを、ストーカーがちまちまといじくり回してなにをするというのだ?

まともなライトもないし、走ればinertで揺れまくる。

ミュータントの皮を剥ぐにも、そのナイフじゃだめだとか、制限が多すぎる。

というわけで、データは即刻削除した。

問題は次のMODである。

未プレーのMODは2つ3つあることはあるが、これはいよいよ餓死寸前という所迄、温存しておきたい。

となれば、古いMODのどれかを又引っ張り出すか、Fallout4のMODしかない。

とりあえず、中断していたLast Stalkerに戻る事にした。


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その28へ続く


0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ