S.T.A.L.K.E.R.最高年齢プレーヤーHalのゲーム日記 3203 Last Stalkerプレイ日記

2018/10/29 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その10

---------------------

ようやくまともなゲーム進行になり、Swampsに入ってウズベクと会う所からである。

■Swamps

村にはかなりの数のストーカーがいて、Factionもウズベクとなっている。

粗末な小屋にウズベクがいて、彼と話をするとGravediggerというストーカーを捕まえることになったらしい。

「らしい」とか「ようだ」という表現がやたら多いのは、Halさんの英語読解力の乏しさによるものだが、それ以外にも奇怪語という大敵がいるからである。

会話の終わりでは二択になるが、上はウズベク達と共にやる、下は単独でやるという選択肢の『ようだ』。

尚、このウズベクのポリゴンモデルはWolfのものである。

しかし、Gravedigger(墓掘り)とは怖い名前のFactionですな。

誰の墓を掘るのだろう? 多分Halさんのだろうな・・・

この連中は北東の機械置き場付近にいる『らしい』。

しかしそこへ行く前に、CSの基地でTankmanに会い、yuzu-bashとも話す必要がある『らしい』。

yuzu-bashは、奇怪語では「ゆずばし」となっている。

ヨドバシの誤植ではない『ようだ』。

話し終わって部屋の外に出ると、いきなりムービー。

小屋の壁にナイフが突き刺さっている。

クリックすると元のサイズで表示します


これは警告か?

取って返して再びウズベクと話すと、それは投げナイフで傭兵が持っているそうだ。

ここで又新タスク「ナイフとwater rat」である。

この説明がよい。

「ジョン-ジョーというあだ名の傭兵から、投げナイフを売って貰うことを承諾させなさい」

ついにJJ登場か?

その場所はここから南南東のSwamps中央部である。

では先にその水ネズミの所に行ってみよう。

その途中にはこんな不気味なオブジェもある。

クリックすると元のサイズで表示します


益々mって帆立貝に良い雰囲気になってきた。

apocalypseシリーズはこれでなくちゃ!

近くにはmilitaryがいて、彼に聞くとそれは墓掘りがやったのだという。

益々良い趣味の持ち主だと思う・・・

waterratはポンプステーションにいた。

しかし、期待外れにもJJとはまるで関係のない、おっさんだった。

となると投げナイフタスクの説明欄は、

「waterratから、ジョン-ジョーというあだ名の傭兵の投げナイフを、売って貰うことを承諾させなさい」

とするのが正しいようだ。

会話の中にも「伝説がある。 JJという傭兵が投げナイフを持っていたが、彼はゾーンの何処かに消えた。 これはそのナイフだ。」

という一節がある。

傍らの箱には2本の投げナイフが入っていたが、たった2本でどうせいちゅうんじゃ!

この後はCS基地でタンキストとユズバシに会うことになる。

しかし、基地のマーカー地点にはTankmanはいない。

はて?ともう一度タスク説明欄を見ると、無線機を使って連絡せよとある。

それで無線機をもらっていたのだ。

しかし、無線機は使うことが出来ない。

はてはてはて?


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD Last Stalker プレイ日記その11へ続く。


0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ