S.T.A.L.K.E.R.最高年齢プレーヤーHalのゲーム日記 3173 SOCのMOD OP-2プレイ日記

2018/9/30 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD OP-2 3周目 プレイ日記その97

---------------------

石棺の原子炉建屋の最上部、Monolith様前で、撮影タスクをやっているが、前々前回の日記引用の途中からである。


前々前回の日記より。

--------------------------------------
いわゆる無茶振りタスクのひとつとも言えるこのタスク、実のところかなり難しい。

なにせ弾が1発しかないので、失敗するとロードするしか手はないのだ。

と思っていたら、前回プレイ(注 今の時点からいうと前前々回)の記事で簡単な方法を見つけた。 

双眼鏡である程度の時間赤枠を表示させておくと、ロックオンする。 

その状態でカメラガンに持ち替えると、レティクルが赤い十字に変わる。 

赤い十字を保持したままで撃てばOK。

撮影に成功するとメッセージが表示される。 

先程のアイテムが置いてあった場所を見ると、写真がある。 

これは絶対に取り忘れてならない。 

取り忘れれば、再度遙々石棺まで取りに戻らなければならないのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

写真を取るとOld villageにテレポートされる。 

Old villageに遷移した途端、敵が出現するので要注意。 

写真を取得する前に、主武器に換装しておいた方が無難だろう。」

--------------------------------------

この日記のおかげで、今回は1回やり直しただけでクリアできた。

クリックすると元のサイズで表示します

撮影に成功すると、「写真を取ることを忘れるな」というメッセージが出る。

これは取り忘れる人が多いので、Buustyさんが入れたものだろう。w

これを取ると自動でOld villageにテレポートする。

尚、この写真はピストルスロットに入っていて、テレポートの直前にも表示される。

「887766」という表示であるが、これは『あそこ』のコードである。

■Old village

出た所は村の地下室だが、階上に上がるとBanditが現れる。 

この後は写真の現像をPilgrimに依頼するのだが、前回迄はPilgrimの居場所は青い家(KolmogorovのHQ)だった。

しかし、今回は前にいた南西部の小屋の地下にそのままいるのだ。

彼にフィルムの現像を依頼することになる。

ゾーンは未だ銀塩写真の時代なのである。 

デジカメなどという無粋なものは使わず、薄い膜に塗られた化学物質に画像を記録保管するのである。

嗚呼、古き良き日よ・・・

前回はこの現像にはゲーム内時間で20分かかった。

今回はPilgrimは、5分か10分散歩してきてくれというので、少しは早くなったのだろう。

しかし・・・

Pilgrimの5分は正常人の5時間に相当するらしい。

或いはPilgrimは分のことを時間と、時間のことを分と思っているかである。

5時間か10時間か待つとようやく現像が終わったらしく、Pilgrimから連絡が入った。
これで彼から写真を受け取れるのだが、その写真は見ることはできない。

単に持っているだけである。 こうして又Generatorに戻ることになった。


■Generator

Maximilianに写真を渡すと、isomorphic探知機という特殊なアーティファクト探知機を貰った。 

この探知機はマップ上にアーティファクトの位置を示してくれるというスグレものだが、やたらアーティファクトのマークが表示され、煩わしい時がある。

クリックすると元のサイズで表示します

その後Ghostと話すと、彼はLightningについて驚くべきことを教えてくれた。

それは、LightningはO-C*が特殊なポータルを開き、別次元からある人物を呼び寄せた。

それがLightningだと言うのだ。


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD OP-2 3周目 プレイ日記その98へ続く。

1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ