S.T.A.L.K.E.R.最高年齢プレーヤーHalのゲーム日記 3172 SOCのMOD OP-2プレイ日記

2018/9/29 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD OP-2 3周目 プレイ日記その96

---------------------

ついにLightningとご対面、その麗姿を堪能してからLimansk、Generatorへと進む所からである。

■Limansk

Ghostとの会話後には、Generatorへの移動ポイントが開いている。

クリックすると元のサイズで表示します

■Generator

Naradnaya Solyanka系のMODでは、バグやスクリプトエラーが非常に多い。

その理由の一つは、タスク構成が極度に複雑で、それぞれのタスクが他のタスクと複雑に絡み合っているからである。

しかも、そのデータ量は半端ではない巨大さなのだ。

もう一つの理由は、ロシアのMODDER特有のおおらかさというか、悪く言えばいい加減さのせいもある。

これでバグやスクリプトエラーが少なければ、Halさんはとうに大金持ちになっている。

いくらMonolith様でも面倒見切れないのだ。

片脚の男はGenerator北西部のテントにいる。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

片脚の男Maximilianは、石棺で片脚を失ったという。

こうして、「石棺内のテレポートを探せ」と、「monolithの写真を撮れ」の2つのタスクが出る。

この写真撮影タスクは、面白いことは面白いがかなりの難物タスクでもある。

■石棺

この石棺での2つのタスクは、先にテレポート探しが必要である。

でないとゲームが進行しないのだ。

テレポーターは石棺最下層にあるが、石棺の回廊最下層からこの柱の立ち並ぶ部屋に入る。

他のMODでも色々なアイテムなどがある場所である。 

クリックすると元のサイズで表示します

左手脇のハシゴを下り、更に横の一室にそのワープがある。

クリックすると元のサイズで表示します

飛先は石棺の原子炉建屋の最上部、Monolith様前である。 

クリックすると元のサイズで表示します

目の前にはこんなものが置かれている。

unknown notebookとカメラガンというけったいなシロモノだが、これで写真を撮るのらしい。

しかしなんで普通のカメラではいけないのかは不明である。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでセーブ必須。

このタスクはかなり難しく、要領がわかる迄はやり直しの連続だった。

以下前々回の日記より。

--------------------------------------
ここは原子炉建屋の最上部で、SP2ではCNPP2へのワープ地点に通じる橋桁の上である。

カメラガンを装備して、彼方のMonolith近くにいるMonolith(紛らわしいが、こちらは人間の敵)を撃つ(撮影する)ことを要求されるのだ。

しかし、この標的(敵)は肉眼や銃のスコープでは見ることができない。 

双眼鏡でのみ見ることができる。 

つまり、双眼鏡で敵の位置を確認し、その後カメラガンに持ち替えて見えない敵を撃つ(撮影する)という、芸当を強いられるのだ。

弾は1発しかないので、失敗するとロードしかない。

クリックすると元のサイズで表示します

このカメラガンはwpn_svd_fotoという名前の通り、svdのお尻に無理矢理カメラをくっつけたというゲテモノだ。 

写真を撮るのなら普通のカメラの方がいいんじゃないか? なんでテッポウにカメラをくっつけなけりゃならんのだ?

クリックすると元のサイズで表示します

S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD OP-2 3周目 プレイ日記その97へ続く。


0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ