S.T.A.L.K.E.R.最高年齢プレーヤーHalのゲーム日記 3159 SOCのMOD OP-2プレイ日記

2018/9/18 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD OP-2 3周目 プレイ日記その83

Last Stalker

一応参照用ファイルの奇怪語翻訳は終わったが、IDの埋め込みが残っている。

画面表示用の英語ファイルに入れるのだが、サイズが大きいファイルばかりで、やたら時間がかかる。

とはいえ、この数年間待ち焦がれたLast Stalkerである。

それが現実にプレーできるのだから、頑張らねば・・・

---------------------------

MaplesはHeart of the Comtrollerの合成に失敗し、Strelokはグリコのおまけに当惑し、HalさんはDianaの母はFlyだったと感激している所からである。

ともあれ、未来のシングルマザーのFlyに会いにいこう。

■Reconnoitered Earth

Flyにお人形を渡すために、Reconnoitered Earthに戻った。

大喜びでお人形を受け取るFly。

彼女はバックパックとヘリについて話すが、その内容は意味不明である。

意味不明の理由は散々書いた。

それにしてもStrelokはいつFlyに手を出したのだろう?

まさかPantherが存命中ではあるまいな?

幾ら鬼畜Strelokといえど、そこまで阿漕なことをするとは、ありうることだろうな。

Strelok「お前の日記の方が、怪奇訳より余程意味不明だ。」

Fangと話すと、その件はVoroninに聞くのが良いだろうとのことである。

「その件」というのがどの件なのか、Strelokにはわからなかったが、Fangがそういうのならこの件でもあの件でもなく、その件なのだろうと、なんとなくいい加減に適当に理解した。

プレーヤーがいい加減だと、主人公もいい加減になるという、格好の見本である・・・
Barへ行かなければならないのだが、その前にPilgrimと話しておこう。

火の洞窟に入ってみたが、Pilgrimはいない。

diaryを見ると「remain」とある。

ということは未だOld villageにいるのか。

■Old village

しかし、遙々この辺鄙な村まで来たのに、Pilgrimは又ねしか言わない。


これから先のことを話そうと言っていたのに・・・

しょうがないBarにいこう。

■Bar

VoroninにFlyのことを聞いたが、特に目新しい話はない。

ヘリについて聞くが、これも話はない。

しかしその後にFangとのSMSの後に出るものだった。

クリックすると元のサイズで表示します

FangとVoroninとの間でSMSのやり取りが続き、それが終わるとタスク「CNPP2で墜落した124号ヘリのフライトレコーダーを取れ」のタスクが出た。

■CNPP2

CNPP2の原子炉建屋屋上に立つと前方に墜落ヘリが見える。

クリックすると元のサイズで表示します

以下前回の日記からである。

Nardonaya Soljankaバニラでは、このヘリの下にもう一つのヘリがあり、その近くの死体を探るとメモがある。 それを取ると上のヘリにフライトレコーダーが出現するというものだった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

しかしNS-Joint Pak1では、この上のへりにそのままフライトレコーダーが出現していた。 

クリックすると元のサイズで表示します

今回のOP-2ではどうだろうか。 今回は上のどちらでもなかった。 上のヘリには最初はフライトレコーダーはない。

クリックすると元のサイズで表示します

ヘリの周囲をぐるりと回って調べたが、やはりない。 NSバニラのもう一つのヘリがある地点には、ヘリも死体もない。 そして上のヘリに戻ると、フライトレコーダーが出現していた。 これはNSバニラ+NS-Joint Pak1のようなスタイルである。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし今回は、下のヘリもないし、上のヘリに戻ってもフライトレコーダーは出現しない。

はて?

説明欄を読み直すと、まずアーティファクトの入ったルックザックを見つけ、原子炉の近くの落ちた屋根を探す、ということらしい。

これはこのバージョンでの場所ということになる。

しかし、そもそもそのルックザックが見つからない。


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD OP-2 3周目 プレイ日記その84へ続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ