S.T.A.L.K.E.R.最高年齢プレーヤーHalのゲーム日記 3033 FO4 新MODプレイ日記

2018/5/27 | 投稿者: hal


FO4 新MODプレイ日記その49

---------------------------

Hildaクエストのメモリ再生と探索で、あまりのあっけなさを嘆いている所からである。

■インスティチュート

それだけ? いくらなんでもこれらのメモリクエストは簡単過ぎる。

戦闘は少しあるが、探索も交渉も何もないのだ。

期待外れとしかいいようがない。

第4のメモリは、「サラ・ライアン サラ・ライアンの運命を明らかにする・スクラップクイーン号からサルベージされたものを見つける」である。

■スクラップクイーン号

スクラップクイーン号は、あのAbyssの海上プラットフォームのすぐ近くにある。

クリックすると元のサイズで表示します


この船のブリッジには内部へ入る蓋があり、その先にはデッキの下へのロックされた蓋がある。

サラの日記には、スクラップを大量に見つけたという記述がある。

デッキの下にはスクラップの詰まった木箱と骸骨があった。

サラのものだろう・・・

これでクエスト完了。

第5の、そして最後のメモリは「シルベスタ・シニストラ シニストラの運命を明らかにする・ハーバーマスターのフロントデスクから、避難室の鍵を集める」である。

■ハーバーマスターホテル

フロントで鍵を取りエレベーターで上階に上がった。

クリックすると元のサイズで表示します


避難所では、ロックされた金庫を開けるとマローン(シニストラのボスだろう)の日記があり、それを取るとクエストクリアとなる。

その日記には、シニストラがマローンの荷物をちょろまかしていたのを発見し、この部屋でドタマをブチ割った後、ベッドで一休みと書いてある。

ベッドにはマローンらしき死体が、壁際には頭を砕かれたシニストラらしき骸骨があった。

これで5つのメモリを全て再生し、次はHildaと話せとなる。

■インスティチュート

Hildaと話すと、先日のレポートについて話してくれた。

x14については、処理&修理室を調べろと言う。

そこになにかの手がかりがあるかもしれないが、入る時には十分気をつけろとのことである。

新しいホロテープは、ジョアン・デブリンのものである。

そのシミュレーション映像は、インスティチュートの最初期に、ジョアン・デブリン博士が何かの(恐らくはSynthの)実験に参加するというものだった。

Hildaと話すと、デブリンの名前には聞き覚えがあると言う。

全てのプロトタイプメモリに、デブリンの名前があるのである。

そしてHildaは、今のインスティチュートの庭師に、デブリンという者がいるから、彼に尋ねるべきだというのだった。

クエストは、「An Ancerstors tale デブリンと話す」となる。

先祖の物語ということか。

バイオサイエンスに入ると、デブリンと話すはクリアとなるが、どうやらHildaはデブリンと知り合いらしい。

そしてこれがデブリンの端末である。

クリックすると元のサイズで表示します


鍵がかかっているが、Hildaがちょこちょこといじると、ロックは解除されてしまっ。


どうやらセベディ・デブリンは廃棄されたSynthを盗み出し、改造して人間と交換していたらしいのだ。

そしてクエストはHildaと話せとなる。

Hildaは、x-14を盗んだのはデブリンだったようだと言う。

そして、せめてインスティチュートの人間ではなく、地上の人間と交換したのだと思いたいと、Railroadが聞いたら怒り出しそうなことを言うのだ。

そして、「冷凍保存庫を調べる」とクエストは変わる。

多分、交換されたのはHildaだとか言うことになるのだろうな。

冷凍保管庫にはメンテナンス用のターミナルがあり、調べると「修正済」という保管ポッドのみアクセスできない。


FO4 新MODプレイ日記その50へ続く

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ