S.T.A.L.K.E.R.最高年齢プレーヤーHalのゲーム日記 2815 MOD Spatial Anomaly4.1プレイ日記

2017/11/20 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R..のMOD Spatial Anomaly4.1プレイ日記その13

---------------------------
廃農園のShilovからの依頼で、高架橋の「ビッグバブル」に飛び込み、その件Shilovに報告した所からである。

■Cordon

どこからか不気味な声が聞こえてきた・・・

「イディー カ ムニエー イディー カ ムニエー・・・」

あたりを見回しても、Shilov以外には誰もいない・・

ここで又新タスク「呼び声の所に行け」である。

マップには通常のマーカーはないが、高架線の最東部に奇妙な波動が見える。

早速行ってみよう。

クリックすると元のサイズで表示します

トンネルはすぐ行き止まりとなり、中には全くなにもない。 

?・・・ と、いきなり強烈なエネルギー波動が襲ってきた。 

コントローラーである。

クリックすると元のサイズで表示します

これが「イディー カ ムニエー イディー カ ムニエー・・・」の送り主だったのだろうか?

しかし、O-Consciousがコントローラーを使うとは、あまり考えられないのだが・・・

ともあれ「shilovになにが起こったのか聞け」というタスクとなる。

Beast「あのアノマリーに人を送り込まなかったか?。 あれは罠だ。 あそこに人を送り込んではだめだ。」

shilov「それはまたどうしてだ? はっきり話してくれ。」

Beastはイディーカムニエーのこと、そしてコントローラーのことを語った。 

shilovは半信半疑のようだったが、これでも飲んで少し休めとウォッカをくれた。

そして「悪い 感じ obscurantismと話せ」というタスクとなった。 

「Ravenは、obscurantismがCordonに到達したというメッセージを送って、すぐにATPの彼と話す必要がある」というものである。

しかし、obscurantistと会う前に、バーのShamanと話しておこう。

obscurantistと話した後は、自動移動でSpatial Anomalyに戻ってしまうからである。

Shamanの話とは、このバーに用心棒を置きたいと言うことだった。

Beastは1人あたり2500ルーブルとふっかけた。

Shamanはあっさりとその条件をのみ、4人欲しいとのことだった。

タスクはグリフィンと話せとなる。

はて? グリフィンはどこにいるのだろう。 ルーキーキャンプではなさそうだ。

となるとATPか?

グリフィンはやはりATPの2階にいた。

彼にバーの護衛4名を依頼したが、配置するには多少時間がかかるそうだ。

さて、これでobscurantistと話す準備は完了した。

クリックすると元のサイズで表示します


残念ながら、obscurantistとの会話は前回同様火星人との会話となった。

彼はベクターがどうのこうのと言っていたが、こちとらはベクターはフリーツールをダウンロードするしか用はないのだ。

そして会話が終わると、自動移動となるのも前回と同じだった。

■Spatial Anomaly

目の前にいるのはHatchetらしい。 それにしてもここはどこだ? まるで牢屋のように見えるが?


クリックすると元のサイズで表示します


尚、ここでHatchetがいて、マップがSpatial Anomalyということは、3ヶ月前のCordonの回想シーンから、現実の世界に戻ってきたということである。 

Hatchet「我らの世界にようこそ!」

Beast「これはなんのまねだ? ここでなにをしてるんだ?」

そして、苦心して手に入れたモジュールデコーダーは、Hatchetに召し上げられてしまった。


S.T.A.L.K.E.R..のMOD Spatial Anomaly4.1プレイ日記その14へ続く

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ