S.T.A.L.K.E.R.最高年齢プレーヤーHalのゲーム日記 その2488 COPのMOD Spatial Anomalyプレイ日記

2017/2/28 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD、Spatial Anomalyプレイ日記その21

--------------------------------
Banditの囚人の脱獄を幇助、Monolithスーツも入手間近である。 そしてHunterのHunter(紛らわしいがこれが名前)のタスクでBoar退治、秋アジと話す所からである。

■Outpost(BlackValley)

基地に戻り、アジにHunterの件を報告すると、「よくやった! Monolithスーツと爆薬はここにあるぞ。 持ってけ、ドロボー!」と褒めてくれた。

そして討ち入りの前には、メカニックのPetrovichと話した方がよい、とアドバイスしてくれた。 

PetrovichはPDAとスーツの調整をしてくれた「らしい」。 らしいというのは、(以下略)

そしてメカニック小屋の入口で待っているFierseと話すと、又も移動。 南西部の工事現場に飛んだ。 そこにはsologubたちも待っていて、彼らと共に進んだ。

Monolithスーツを着ているのおかげで、中に入ってもMonolith達は全く敵対しない。 FierseたちもMonolithスーツを着ているので、味方印の緑マークで「Monolith」と表示される。

それに建物の中には、ちゃんとMonolith様まで鎮座ましましているのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

タスクは「werewolf(狼男)と話せ」である。 ここのMonolithのリーダーだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

werewolf「同志Monolith、よく来たな。 しかし、お前達は何ゆえにここに来たのだ?」

Beast「はっ! 同志Monolith。 我々はここでMonolith様のお力になるため、ここに参りました。」

werewolf「はて? 今日は増援の話は聞いてないが?」

Beast「むむ ... 私はそうでした、そして、まだ5人の兄弟はあなたにPrayerを送りました。

我々はLimanskから出発しました、彼はテストでいっぱいでした、そして、すべての兄弟がMonolithをテストするというわけではありませんでした。

我々は数日後に到着すると思われました、しかし、Monolithは折れて、我々にあなたに最も速い方法を見せてくれました。」

werewolf「おおそうか、わかった。 Monolith様に栄光あれ!」

Beast「はっ! Monolith様に栄光あれ! では失礼いたします。」

さすが、Monolithのリーダーともなると、この会話で納得してくれるのである。 プレーヤーたるHalさんはまるで納得(というより理解)できないのだが・・・

ここでタスクは「2階に爆薬をセットしろ」となる。 2階に上がりマーカー地点に近づくと、いきなり殴り倒された!

Petya BeastというMonolithが目の前に立っている。 このNPCは前回はMark Buttという名前だったが、今回は何故か名前が変わっている。



クリックすると元のサイズで表示します


「それがあなたを生きていておいたので、Monolithは誤っています ... 私はあなたをここで殺します、

しかし、私はそれをすることは許されません、Monolithはあなたを選びました、あなたは彼のテストにパスするほうを選びました。あなたがそれを保存したいならば、ここのあなたの友人。」

Beast「あんたは誰だ? これは一体なんのゲームだ?」

「Silent、馬鹿者!ここでは、私は言うことができるだけです ...

あなたのPDAマークでは、預言者がいた点はあなたの友人を案内しました、そして、それを保存したいならば、あなたはそこに行かなければなりません。」

こうしてタスクは、「選択をする権利:研究室に、または、クロマグロと話せ」・「Lyutomuは危険な状態にある場合があります、私は彼を助ける必要があります、しかし、多分よりよく最初にとって、クロマグロと話すでしょう。」となる。



クリックすると元のサイズで表示します


まずFierseを探すか、それとも先にアジと話すか。 ここは当然セーブだが、階下に降りてもFierseの姿はない。

クリックすると元のサイズで表示します

Fierseだけでなく、味方のsologubたちも敵のMonolithも、誰一人として見あたらない。 

はて??? Petya Beastと話していた時間はほんの一二分なのに、皆どこに行ってしまったのだろう?

X-7はマップ上に表示されているので、前回のように探し回る必要はない。

クリックすると元のサイズで表示します

このX-7に入れば、二度と地上には戻れない。 セーブは当然だが、その前にすることがあれば全てやっておくべきだろう。

このSpatial Anomalyも、いよいよ大詰めに近づいたのである。 

もっともっとこのSpatial Anomalyの世界にいたかったのに、悲しいことにものごとには必ず終わりがあるのである。

ではまずFierseを捜してみようか。 しかし、前回のプレー日記を調べると、Fierseと会うのはX-7に入ってからである。

となれば、やはりアジとあじけない話をするのが先だろう。

しかし、前回のプレーでは、アジと話してもX-7での進行に大差はなかったのだ。 やはり、このMODはシングルエンドなのだろう。

アジには、「MonolithがFierse中尉を連れて行ったらしい。 おれは中尉を助けに竿に降りるつもりだ」と話した。

しかし、アジは「たった一人でX-7に入るなど、それは自殺行為だ。 やめとけ」と止めた。 

しかし、Beastはその制止を振り切って、只一人X-7に向かった・・・


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD、Spatial Anomalyプレイ日記その22へ続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ