S.T.A.L.K.E.R.最高年齢プレーヤーHalのゲーム日記 その2482 COPのMOD Spatial Anomalyプレイ日記

2017/2/25 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD、Spatial Anomalyプレイ日記その15

--------------------------------
基地のバンカーで奇妙なストーカーと会い、その後彼は拳銃で自分の頭を撃ち抜いた所からである。

■Spatial Anomaly

このストーカーからは、死ぬ前にアーティファクトセラフィムを預けられた。 そしてTachenkoからは会って話したいというSMSが入った。

こうして新しいタスク「自殺者のリクエスト ストーカーはげ(Bald)を見つけてアーティファクトを渡せ」と、もう一つ「最後のメッセージ・Tachenkoと話せ」となる。

セラフィムは禿げに渡すものらしいが、その禿の場所にはマーカーはない。 ならばまず先にTachenkoと話そう。

ダンジョン(名前はいかめしいが、只の地下道である)に行き、Tachenkoと話そうとしたが、彼に近寄るとホワイトフラッシュで押し戻され、近寄ることが出来ない。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

Tachenko「水、水をくれ・・・ 飲み水を・・・」

Beast「近寄れないんだ。 進もうとすると押し戻されてしまう!」

Tachenko「ここから出ることが出来ないんだ。 水も食料も完全に尽きた。」

これはおかしい。 つい先程Tachenkoと話した時には、こんな状態ではなかった。 その後の僅かな時間で、水も食料も尽きて、飢えと渇きに悩まされるとは、どういうことなのだろう?

Tachenko「つい最近? いや、あのSMSのメッセージを送ってから、1週間は経っているぞ。」

タスクは「ダンジョンを残す」とあるが、これはダンジョンから出ろという意味なのか。

ふと奥を見ると、bunchukは死体となっていた・・・

クリックすると元のサイズで表示します

これはもしかすると空間アノマリーの一種なのではないだろうか? つまりDutyたちはその空間アノマリーの中に閉じ込められているのではないか?

ともあれ、ダンジョンを出ると、「Foresterと話せ」となる。 Foresterはいつの間にか北西部のゲート近くに行っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

ForesterにDuty達の状況を話し、Dutyは全員死んだようだと告げた。 そしてこのアノマリーから脱出する方法を聞くと、Foresterは「ついておいで」と言って歩き始めた。

そしてForesterはゲートに向かって行くのだ。 Foresterについていくとホワイトフラッシュ、そして暗転。

■Outpost(BlackValley)

Outpostの牢の中にいた。

クリックすると元のサイズで表示します

近くには囚人もいる。

クリックすると元のサイズで表示します

囚人と話すと、「ひとまず寝ろ」というご親切なタスクが出る。

まともにタスクが出ず、タスクの内容はバックログのメッセージを読まないとわからない、という不親切なMODが幾つもある中、「ほうや、今はおねんねするのよ」と、一々教えてくれるMODは珍しい。

ではでは、ママの言うとおりおねんねするとしようか。

朝になって看守と話すと釈放らしい。 しかも持ち物も返して貰ったが、武器は全てあるが、アーマーやガスマスクなどは戻ってこない。

しかも持っていない筈のPKMを持っている。 PKMは重いのでSidorovichのスタッシュに入れて置いた筈なのである。

となると、なんのためにBeastは投獄されたのだろう?

ここは牢屋というより、通常の基地のようだ。 その一郭にはバーまであり、shamanというバーマンがいて買い物もできる。

クリックすると元のサイズで表示します


奥にはFierseもいるが、今の所は特別な会話はない。

入口にはbaldyというストーカーがいるが、これがタスクにあった禿げ(Bald)だろう。 画面表示では「Toupee」となっているので紛らわしい。

クリックすると元のサイズで表示します

禿げに預かってきたセラフィムを渡し、彼らのことを聞いた。 禿げたちはRadarsからRed Forestに向かい、焼灼(ブレインスコーチャーのことか?)を体験したと言う。

タスクは「アジと話せ」となる。 S.T.A.L.K.E.R.のMODでは奇妙な名称のタスクが出ることがよくあるが、アジと話せというのは始めてである。

アジは話すものではなく、焼いて食べるものだと今までは思っていたのだが、ゾーンではやはり考え方を変えなければいけないらしい。

2階に上がると、アジが焼けていた。 いや、いた。 このアジはクロマグロである。 少なくとも前回の訳ではそうなっていた。

ゾーンでも出世魚というものがあるらしく、アジからクロマグロに出世したのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

ともあれ、アジクロマグロと話すと、「レフティを探せ」というタスクが、一瞬出て、直ぐに「shamanと話せ」に変わる。

巫女さんとは、あのバーテンのことである。 彼と話すとようやく「レフティを探せ」となった。


S.T.A.L.K.E.R.COPのMOD、Spatial Anomalyプレイ日記その16へ続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ