S.T.A.L.K.E.R.最高年齢プレーヤーHalのゲーム日記 その2463 Fallout New Vegas MODプレイ日記

2016/12/31 | 投稿者: hal


Fallout New Vegas MODプレイ日記 その21

--------------------------------
ママさんSpiderと遭遇、ようやく退治した所からである。

■SpiderDen

ママさんというのは苦手である。

同じママさんでも、鮫島綾ちゃんの「ママさんの買い物走り(内股でちょこちょこと走る)」は大変かわいいが、蜘蛛のママさんはちょっとね・・・

ようやく次の移動ポイントが見つかった。 grove refuge 森の避難所というマップである。

■grove refuge 森の避難所

ここも又、薄暗く紫と黄に満たされた世界である。 このBlood Refilledの画面の暗さはなんとかならないものか。

短時間なら雰囲気があると褒めることもできるが、これを長時間プレーしていると、目が非常に疲れるし、精神的にも暗鬱になってしまう。

メインマップから建物に入ると、暗くはあっても通常の配色で通常の暗さである。

これと同じにしろとは言わないが、ゴーストタウンに入るあたり迄は、暗くてもそれ以後のマップのように、「見えない!」と言うところまでは行っていなかった。

この見づらさは、雰囲気作りの域を外れて、常軌を逸していると思う。

やがて、植物園のような所についた。

クリックすると元のサイズで表示します


中には多数のAcid Plantが生えていて、火の玉で攻撃してくる。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし、ここには重要なものはなさそうである。

近くにはマンション(集合住宅ではなく、豪邸の方である)があるので、入って見た。

マンション内には特に何もない。 と思っていたが、とあるロックされたドアから入ると、Hedgerow Labryinthへの移動ポイントがあった。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし、そのハシゴを登るには、鍵が必要らしい。

この邸宅はモノホンの豪邸で、広々とした館内には、豪勢な子供部屋や室内プール、大食堂など、なんでも揃っている。

鍵は主寝室のサイドボードの上にあった。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


これで地下に降りると、コントロールルームのような部屋があり、その先にはHedgerow Labryinthへの移動ポイントがあるのだが、鍵を持っているのに、そこのハシゴから次のマップへの移動ができないのだ。

かなり長い間(実時間で1.2時間)マンション内のあらゆる部屋を調べ、又その地下へ戻ると、今度はuse keyというメッセージが出て、ついに次のマップHedgerow Labryinthに移動できた。

久しぶりに決めセリフ、

やれやれ、ホッ・・・

■Hedgerow Labryinth

このHedgerow Labryinthは文字通りの迷路である。

クリックすると元のサイズで表示します


薄黄色い靄の中を、ひたすら迷路を進むが、入れるような建物もないし、移動ポイントも見つからない。

随分と彷徨った挙げ句、この位置で給水バルブを見つけた。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


唐突に給水バルブと言われても、どこの給水バルブをどう閉めるのか、まるでわからないが、このマップに入って以来、始めてのアクションである。

セーブしてからやってみよう。

・・・ なにも起こらない。

ここには貯水バルブがある。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


これまた唐突で、これまた何も起こらない。

待て待て、給水に貯水とくれば、どこかに水が溜まるのではないか? そこを探してみようか。


Fallout New Vegas MODプレイ日記 その22へ続く

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ