S.T.A.L.K.E.R.最高年齢プレーヤーHalのゲーム日記 その2400 Fallout 4 新MODプレイ日記

2016/10/29 | 投稿者: hal


Fallout 4 新MODプレイ日記 その28

--------------------------------
ゲイルさんと話した直後の、全くどのルートにも入っていない状態からロードして、ボストン輸送地下鉄経由でマクスウェル・ワールドに入ると、DARK PARKはクリアになった所からである。

■マクスウェル・ワールド
ようやくまともな状態のマクスウェル・ワールドである。

少し進むと「powerball ジェンナの後を追え」というタスクが出る。 やはり前回の進行とはまるで違う。 

よしよし、ホクホク・・・

ジェンナはハウスオブフライトにいる筈である。 早速行ってみよう。

ここでフェラルピエロ出現。 全て一撃で始末。

クリックすると元のサイズで表示します



今使っている武器は、試作品Mrs,フリーズというものだが、非常に威力のある武器である。

一瞬で敵を凍らせて破壊するという、すんばらしい武器なのだ。

これはエピソード2で、クロエちゃん2から感謝のキッスと共に貰ったものである。

但し、感謝のキッスは、Halさんの妄想の中のみのものだが・・・

クリックすると元のサイズで表示します


唯一の欠点は、AMMOが入手しづらい点である。 なのでplayer.additemのお世話になっている。

■ハウスオブフライト

ハウスオブフライトに入ると、ジェンナたちと会話となる。 一部邦訳されていない部分があるので、おおよその意味しかわからない。

クリックすると元のサイズで表示します


ジェナたちは、このマクスウェル・ワールドに閉じ込められているそうだ。

そして、閉じ込めたのはマクスウェルだというのだ。 ? マクスウェルはもう200年も前に死んでいる筈だが?

しかし、パワーアーマー姿のウォレスは、そうではないと言う。

クリックすると元のサイズで表示します


何かが彼らを殺そうとし、モンスターや巨大ロボットが襲ってくるというのだ。

そして、ここから脱出するために、コンパニオンを選ぶことになった。

スケベなHalさんは騎士道精神に萌えるHalさんは、当然女性であるジェンナを選んだのである。

しかし、ジェンナはそれにはガスマスクが必要だという。

? Metro 2033じゃあるまいし、なんでガスマスクが必要なのだろうか。

それはともかく、発電所に向かうことになった。 なぜ発電所に行くのかは、その部分の会話が英語であるため、まるでわからんちん。

■マクスウェル・ワールド
外に出ると多数の人々が待ちうけていた。

クリックすると元のサイズで表示します


そして一番前にいるのが、200年も前に死んだ筈のマクスウェルご本人である。

クリックすると元のサイズで表示します


彼はなにやらわけのわからんことを言うが、英語もロシア語もわからないのに、海外ゲームをやるものにとっては、わけのわからん言葉は、常のことである。

そんなことで一々びびっていたら、S.T.A.L.K.E.R.のMODなどできんわい。

でも一応、マクスウェルの話を、ごくごくかいつまんで書くと、マクスウェルは、あなたも私のピエロになれと言うのだ。

そして次の瞬間、彼らは全てかき消えて、その場にいるのは2体のロボットだけだった。

クリックすると元のサイズで表示します


男?のロボットのアンディは、「あなたはまた死ぬでしょう。 あなたは才能が充分でないからです」などと言う。

余計なお世話だ! たかがロボットフゼイに、才能がないなどと言われとうもないわい。

でも間違ってはいないのが、口惜しいが・・・

女性?ロボットのアンドレアは、「あなたの銃は、あなた自身と同様に、クソったれで使い物にならないものです」などと、女性?にもあるまじき言葉を使う。

こんな無礼な(しかし、間違っていない)ガラクタに関わっている時間はない。 早いところ発電所に向かおう。

尚、このマクスウェル・ワールド内の時間は、常に夜である。 あたりは真っ暗で、Pipboyのライトに頼らないと、全く何も見えないという有様である。

「bat s6」などのコンソールコマンドでも、常に午前4時のままで、これはMOD側の時間設定によるものだろう。

ともあれ、発電所の入口についた。

■発電所
ここは前のプレーでも来た所である。 キャットウォークから下に降りると、スイッチがある。

クリックすると元のサイズで表示します


押してみたが別に何事も起きない。


Fallout 4 新MODプレイ日記 その29へ続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ