S.T.A.L.K.E.R.最高年齢プレーヤーHalのゲーム日記 その2309 COPのMOD 良い生活 プレイ日記

2016/7/30 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R. COPのMOD 良い生活(Contract_build) プレイ日記その5

-------------------------------
マップにある、「地下の複雑なD6への入口」という移動ポイントに向かう所からである。

■Red Forest
Limanskへの橋の傍には、Kornenosovym教授というscientistsのトレーダーがいて、彼からは幾つかのタスクがでる。

「Red Forestにスキャナを設置する」と、「変更絶縁体を見つける」である。 いずれもサブタスクと思われる。

クリックすると元のサイズで表示します


「地下の複雑なD6への入口」のマーカー地点についたが、そこはトンネルの入口付近であり、全くなにもない。 無論ポータルもない。

となると、どこからか地下に入らなければならないようである。 しかし、橋の近くには、地下に入れるような所は全く見あたらないし、Limanskへの移動ポイントも開いていない。 

これはひとまず置いておいて、教授のスキャナ設置地点に向かった。

その地点に着くと、スキャナ設置より先に、bloodsuckerの巣を見つけろタスクが更新された。 ここにその巣があるらしい。

クリックすると元のサイズで表示します


この付近でbloodsucker数匹を退治すると、bloodsuckerの巣を見つけろはクリアとなった。 次はスキャナ設置である。

マーカー地点に行くと、「Fキーでスキャナ設置」のメッセージが出る。 スキャナ設置はこれでクリアとなり、後は教授に報告するだけである。

クリックすると元のサイズで表示します


坑道のなかにいる「オレンジ」というストーカーと話すと、「しみったれ」という仲間を見つけてくれと頼まれる。

しかめっ面は、「SkinflintならArmy Warehouseにいるが」とは、言わなかった・・・

クリックすると元のサイズで表示します


まずは教授とSolomonに報告してから、その他のタスクをやろう。

Kornenosovym教授に報告すると、もう一人のとても記憶できない名前の教授と話せと言われた。

クリックすると元のサイズで表示します


その教授からは、「アノマリー妖精のリングで、なにかしろ」と言われる。 なにかしろとは、そこでなにかすればよいのだろう。(かなり投げやりになってきた)

奇怪語に一々茶々を入れたり腹を立てたりする段階は、とうに過ぎているのである。

この「良い生活」MODではNPCの数が多く、彼らから出てくるタスクも非常に多い。 なので、タスクがなくてなにをすればよいのかわからない、という状態は、これまで全くなかった。

これは非常によいことなのだが、NPCの数が多いため、動作が重くなると言うデメリットもある。 もっともこれは軽量化パックを入れることによって、大幅に改善された。

ここの所3作続けてリタイアという、悲惨なMOD生活が続いていたので、久しぶりにまともなMODに出会ったことは、嬉しい限りである。

と喜んだせいか、ふと「アノマリー妖精のリング」とは、「魔女のサークル」の奇怪語名ではないのかと、気がついた。

そこへ行く前に、もう一度Limanskへの移動ポイントを調べておこう、マーカー付近に行くと、名前記憶不可能教授のタスクは失敗になってしまった。 

このMODでは、この手の「あるタスクを完了前に他のマップに移動すると、タスク失敗になる」というケースがかなり多い。

それでは次は魔女のサークルに向かおうか。 後は「墜落ヘリの無線機回収」や、「医師のための医薬品発見」、「無線機設置」、「しみったれ」という仲間を見つける」、「変更絶縁体を見つける」など、数多くのタスクが残っている。

しかし、魔女のサークルに向かおうとすると、「無線機設置」タスクは失敗となる。 これはマーカーがmercenaryのキャンプに出ているので、そこへ行かなければならないようだ。

しかし、そこへ向かってもタスク失敗というメッセージが出る。 なのにタスク欄にはちゃんとそのタスクが残っているのだ。 これもエラーの一つだろう。

とりあえずメッセージは無視して、マーカー地点に向かった。 そこはNSではDark Valleyへの移動ポイントがある地点だが、そこにつくと無線機(これは無線機というよりビーコンらしい)設置のFキーとなる。

クリックすると元のサイズで表示します


これでビーコンが作動したらしく、弾薬や医薬品のある地点にマーカーが出る。

医薬品はRed Forestの東のはずれにある。 近くには魔女のサークルもあるので、まずそこへ行ってみよう。

ここが魔女のサークルである。 名前の通りおどろおどろしい雰囲気に満ちている。

クリックすると元のサイズで表示します


このアノマリーの中に飛び込むと、「ミラクルゾーンを点検」のFキーが表示される。

クリックすると元のサイズで表示します


中には3つ程のアーティファクトがあり、それを取るとRed Forest中央部のトンネルにワープされる。

そのトンネルにはMonolithがいたが、近くのバックパックを調べると、「変更された絶縁体」が入っていた。

クリックすると元のサイズで表示します


これでKornenosovym教授の「変更絶縁体を見つける」はクリアである。 続いて医薬品のマーカー地点に向かった。

この密閉容器を取ると、メディックの医薬品タスクはクリアとなる。

クリックすると元のサイズで表示します



Kornenosovym教授に「変更絶縁体」を渡してタスク完了。 続いてキャンプに戻り、メディックに医薬品のコンテナを渡して、これもタスク完了。

しかし、あのなんとか教授は、いなくなっている。??? これはやはりタスク失敗らしい。


S.T.A.L.K.E.R. SOCのMOD 良い生活 プレイ日記その6へ続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ