S.T.A.L.K.E.R.最高年齢プレーヤーHalのゲーム日記 その2277 OGSE 0693 FINAL プレイ日記

2016/6/25 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R. SOCのMOD OGSE 0693 FINAL プレイ日記その35

-------------------------------
Dead Cityにて「Dead Cityのマスター」を倒す為に、墜落ヘリからマグネシウムとアルミニウムを回収する所からである。

■Dead City
ということなので、又墜落ヘリ巡りである。 場所は南市街の南東だった筈である。

クリックすると元のサイズで表示します

アルミはこの板でよいらしい。 航空機にアルミは、Halさんと援助交際のように一心婚前同体だから、当然だろう。

クリックすると元のサイズで表示します


マグネシウムは、ヘリの車輪のリムらしいが、ヘリの外に投げ出された死体の下にあった。

クリックすると元のサイズで表示します


これを取ると、大佐の所に戻ることになる。

大佐にパーツを渡すと、テルミット爆弾を作るには4時間ほどかかるから、その間に一眠りしておけと、勧められた。

一眠りして目をさますと、テルミット爆弾は完成していた。 さあ、これを持ってあの洞窟に行こう。

洞窟の水没列車である。 ここでゾンビの前迄行くと、自動的にテルミット爆弾がセットされる。

後は一目散に出口に戻るのだが、時々は息継ぎをしなければならない。 しかし、あまり息継ぎばかりしていると、時間切れでゲームオーバーになってしまう。

このMODでは、息継ぎは1秒程度でOKらしいので、水面に頭を出したら直ぐ又水中を進む、という方法でよいだろう。

また、根っこから出口への進み方は、左・左・右・左・左・右・左だったと思う。

以下は前回の日記からである。

「根っこの場所・赤い電車左折・直ぐ左へ・研究室右折・右よりの道進む・赤い扉の手前右折・突き当たり手前左折・出口。 こんな所である。」

食糧も食べ、エネルギードリンクも飲み、セーブもして準備完了。

こうしてあの根っこの手前につくと、テルミット爆弾セットのメッセージが出る。 後は一目散に出口に向かうのだが、それが簡単にはいかない。

出口に向かおうとすると、とんでもない所にワープするのだ。 このトンネルの外部やArmy Warehouse、ついにはPripyatあたり迄飛ばされる。 

そして画面は大きく揺れ動くので、進む方角さえよくわからない。 そして突然又トンネル内に戻される。

そこから逃避行再開である。 この繰り返しで、前回は何度討ち死にしたことか。

それでも前回はちゃんとSSを撮っているのである。 こんな慌ただしい中でSSを撮るなんて、その日記の作者さんは偉いなあ・・・

今回は一度も死なずに出口に戻れたが、その替わりSSは撮る余裕がなかった。 なので、以下は前回の日記よりである。

---------------------------
ゾンビ遭遇後に直ちに退避開始。

クリックすると元のサイズで表示します

何度かワープで飛ばされた後、ようやく赤い扉の前迄辿りついた。 脱出迄はあと少しである。

クリックすると元のサイズで表示します

出口への穴が見えた!

クリックすると元のサイズで表示します

出口への坂道を必死に登る。 しかし、この時点でも時々後戻りさせられる。

クリックすると元のサイズで表示します

脱出成功! よれよれでありんす。

クリックすると元のサイズで表示します

こうして、ついにトンネル脱出を果たした。 しかし残念ながらSSはとても撮る余裕がなかった。W このシーンのSSは、SSを撮るために後にロードしてプレイした時のものである。

---------------------------

なんだ! エライエライと褒めてやったのに、この作者はズル(でもないかW)をしてSSを撮っていたのだ。 褒めてソンした。

それはともかくとして、OGSE 0693 FINALの中でも、この一連の「Dead Cityのマスター」タスクは、クロンダイクタスクと並んで、最も長く最も面白いものの一つである。

長大なタスクでありながら変化があり、プレーヤーを飽きさせない。

水中での息継ぎの必要性、テルミット爆弾作製、トンネルからの脱出方法など、様々に趣向を凝らしていて、ここはどう進めればよいのかなど、頭を捻らなければならないシーンが数多くあり、冒険の面白さを堪能できた。

北市街に戻って大佐と話すと、あまり有り難くない話となる。 つまり大佐殿をCordonの検問所まで護衛してゆくのである。

護衛タスクはKruglov殿護衛で、痛く痛く懲りている。 やたら死ぬわ、年中道草は喰うわ、犬におびえて前に進まないわ、時間はかかるしつかれるタスクなのである。

しかし、今回の大佐護衛タスクは、選択肢などない。 話をすれば自動的に護衛タスクとなるので、それを割愛したければ、大佐と話さずに次のタスクに進むしかないのだ。

しかも、大佐と話さないと、この「Dead Cityのマスター」タスクは完了にならないという意地の悪さでである。

こぼしていても話は進まない。 では大佐殿を護衛しようか。 

このDead CityからCordonへは、東のArmy Warehouse回りと、南のYantar回りの2ルートがある。 道のりの長さは、どちらのルートでもほぼ同じである。

前回はArmy Warehouse回りだったので、今回はYantar回りにしてみようか。 Yantarでヘリに乗れるかも、試してみよう。 もしヘリ搭乗で大佐も一緒に行けるのなら、非常に楽ちんなのだが、恐らくは無理だろう。


S.T.A.L.K.E.R. SOCのMOD OGSE 0693 FINAL プレイ日記その36へ続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ