S.T.A.L.K.E.R.最高年齢プレーヤーHalのゲーム日記 その2268 OGSE 0693 FINAL プレイ日記

2016/6/16 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R. SOCのMOD OGSE 0693 FINAL プレイ日記その26

--------------------------------
Dark Scapeでの探査で取った書類をSakharovに渡し、ようやくX-16に入れるようになった。

そして、巨大脳(突然変異したコントローラーの脳だとか)のある広間に入ると、3分間のカウントダウンが始まった所からである。

このカウントダウンは、広間の入口まで戻れば、何回でも3分から再開するので、広間に入ったらミュータントを数匹倒す。

そしてタイムリミット内に入口に戻る。 これを繰り返してミュータントの数を減らしておいてから、突撃である。

この広間の構造はほぼバニラと同じだが、若干異なる所もある。

回廊の途中にあるレバーを降ろしていくのはバニラと同じだが、このOGSE 0693 FINALでは、レバーは中心部ではなく回廊の途中にある。

クリックすると元のサイズで表示します


各層のレバーを全て降ろしてから、最上層のコントロールルームのレバーを降ろす、という段取りである。

クリックすると元のサイズで表示します


尚、入口は最下層ではなく第2層なので、一段下層のレバーを降ろす必要がある。 又、降ろす順序はないので、どの層から降ろしてもかまわない。

コントロールルームのレバーを降ろすと、カウントダウンは停止し、ムービーとなる。 おとん(ドクター)が写真を眺めながら、不肖の息子Strelokと話すという、おなじみのものである。

Strelok「不肖の息子で悪かったな。 これがほんとの『おまゆう』だ!」

こうして、タスクの次の段階である「Ghostの文書を取れ」となる。

コントロールルームには、バニラにはない階段があり、それを登るとこんな部屋に出るが、アイテムなどはない。

クリックすると元のサイズで表示します


これは広間に入った階層(第2層)の、入った地点の反対側によく似た入口と階段がある。 違うのは、ドアがついている所だけである。

クリックすると元のサイズで表示します


その階段を上がって行くと、突き当たり右の部屋から骸骨やBlurが出てくるが、この部屋がバニラなどでは最上層にある、左右に網のある部屋なのである。

そして、バニラではこの部屋の奥にあるGhostの死体は、OGSE 0693 FINALでは入ってすぐ右の部屋にある。

クリックすると元のサイズで表示します


その死体には、X-16の文書があった。

クリックすると元のサイズで表示します


その文書のdescrには、「この文書はお前のような無学の者には、読めねーよ!」とある。

まあ、人を殺すこと以外には、無学無能無女縁のStrelokには、この文書を理解することが無理なのは当然だろうな。

Strelok「もう一度同じことを言うぞ! 『おまゆう』だ」

そして、このX-16からの脱出する道は、バニラと同じく最奥右の部屋に入り、そこの穴に降りるものである。

■Yantarトンネル
降りた所はトンネルである。 トンネルの通り方は、この炎が噴き出している所を左折、突き当たりを右折、後は道なりと、バニラと同じである。

クリックすると元のサイズで表示します


途中にはPseudogiantが出て来るのも同じで、このハシゴを登れば地上に出られる所も同じである。

クリックすると元のサイズで表示します


このX-16での冒険は、大筋はバニラと同じだが、随所に独自の工夫が凝らされていて、中々面白かった。

■Yantar
Sakharovにこの件を報告すると、town-32という街の話をしてくれた。 それは旧ソ連時代の軍事都市とのことである。

それはウクライナのキエフの地域のイワンコフ地区にあり、プリピャチに似た性格の都市らしい。

このtown-32とは、Dead Cityのことである。

そして、メディカル装置を使用する手順も教えてくれた。

「あなたのベルトにデバイスを配置する。オンにします 「ON/OFF」ボタンで単位、またデバイスの容量インジケータストリップの近くにボタンで必要な機能を調整する「I」スイッチのオンを意味します - 。 '0'はオフになっています」というものである。

ここで「ガイドと話せ」のタスクが出る。 このガイドは、Cordonの高架線北のDiggerの近くにいる。

もう一つ、「奇妙なアーティファクトを調べろ」もでる。 これはDark Scapeのガソリンスタンドで、アノマリーからの脱出用に使った、あの振り子のことらしい。

そのアーティファクトPendulumは、工場の西の森の中で、岩山の南とのことである。

Dead Cityには、「テールというストーカーを探せ」人形タスクもあるし、魅力があるが、まず先にBarでBarkeepに報告し、その後は、又々Dark ScapeでPendulumを探してみようか。

もう一つ、Dark ValleyでBarkeepの友人のPDAを見つけるというタスクも残っている。

その後は、Army Warehouseでフクロウと会い、Radarでクロンダイクアーティファクトを探す。 こんなところか。

Barの100radにはガイドがいるので、Dark ScapeがせめてCordon迄行けるか、聞いてみよう。

ところで、この研究所の休憩室には、見慣れないストーカーが出現していた。 ヘリのパイロットで、要するにガイドである。 お金を払えば各所へヘリで送ってくれるそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します



S.T.A.L.K.E.R. SOCのMOD OGSE 0693 FINAL プレイ日記その27へ続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ