S.T.A.L.K.E.R.最高年齢プレーヤーHalのゲーム日記 その2187 Chernobyl Chronicles プレイ日記

2016/3/31 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R. COPのMOD Chernobyl Chronicles プレイ日記 その12。
--------------------------------
前回のChernobyl Chroniclesは、ボーランドに文書を渡すことができないため、中断していた。

その後、猫さんのアドバイスがあり、進め方はおおよそ理解できた。 

猫さん、有難うございました。

さて、今回はどうだろうか、という所からである。

■Pripyat
ジュビリーでの文書探しからの続行である。 

しかし、これはかなり辛い。 前回のプレイからかなりの時間が経過しているので、でのどこに何があったかを、殆ど忘れてしまっているのだ。

しかし・・・ やはりやり直しプレイは有効である。

4階だったか、廊下に金庫がある。 その金庫に近づくと、このようになった。

クリックすると元のサイズで表示します


攻略サイトでのSSは、間違っていたのだ。 マップでの位置も違う。 

もっともこれはバージョンの違いによるものかも知れないので、一概に攻略サイトの誤りとも言えないだろう。

クリックすると元のサイズで表示します


これを取ると、タスクはボーランドに文書を渡せとなる。 これで正解らしい。

文書取得後に自動的に1階の階段に飛ばされる所は、猫さんのアドバイスのとおりである。

しかし、misc\scriptsの記載では、このシーンは「no_light」、つまりライトなしの暗黒の筈なのだが、実際にはライトもつけられる。

あるいはこちらの読んだscriptsのシーンが違うのだろうか。

ともあれ、これでChernobyl Chroniclesも進行できる。

階段を下りると、ストーカーが待ち伏せしている。 ワッシャーというらしいが、会話後には敵対し、自動的に殺してしまう。

クリックすると元のサイズで表示します


このストーカーからは、ワッシャーのPDAと男爵のPDAを取得できる。

クリックすると元のサイズで表示します


ここでタスクは「ボーランドに文書を渡せ」がなくなり、代わりに「ゲバラと話をする幸せな救い」となる。 このタスクの意味はわからないが、マーカーは学校に出ている。

ゲバラは学校の2階で床に座り込んでいた。

クリックすると元のサイズで表示します


ゲバラとの会話の内容は、例によって奇怪語で行われるので、全くわからない。 しかし、次のタスクは「古い友人 グループとステファノに会います」となる。

場所は南西部の書店近くらしい。 まずはそこへ行ってみよう。

ステパノと話すと「古い友人 Chernobyl-1で何が起こったのか知れ」となる。 マーカーはない。

クリックすると元のサイズで表示します


おまけに現在位置が、いきなり学校に移動している。 しかもゲバラの隣にはステパノがいる。

このあたりは???の連続である。

ステパノと話すと、タスクは「狂信者との契約 指定された会議のシャイベへ行く」となる。 このシャイベがドイツ語のシャイベなら、「標的」又は「円盤」のことだが、この場合は標的と解釈すべきだろう。

マーカーはコインランドリーの近くに出ている。

狂信者とはmonolithのことだろうが、タスク欄の説明には「貴重ななにかを見つけるだろう」とある。

マーカー地点に近づくと、タスクは「狂信者との契約 慎重グループリーダーに従う」となる。 この意味は全く不明である。

その地点には数名のLonerがいて、戦闘となるが、慎重グループリーダーと言うストーカーはいない。 はて?

このシーンは、ガイドによると

「学校では、ゲバラと話すこと、そして彼に状況について話しています。その後、我々は来ますグループとの会議の作業。私たちは、基本ポイントに到達し、そこに我々はおなじみのストーカーを満たす:Vintorez、シャーロックとバーテンダーステパノを。」

「我々は彼らに話をし、洗濯室に近い位置に戻ります。彼らは。傭兵のモノリスのリーダーシップの下、単独で殺すことに注意してください 私たちは傭兵に従う、と彼は病院に私たちをリード。彼を殺すとバックパックで人工物を拾います。」

となる。 しかし「傭兵のモノリスのリーダーシップの下」といっても、そのmonolithはいないのだ。 少し前のデータからやり直しても、全く同じ状況である。

いや、待てよ。 

ガイドにはのシーンの前に、

「私たちは、基本ポイントに到達し、そこに我々はおなじみのストーカーを満たす:Vintorez、シャーロックとバーテンダーステパノを。」

とある。 この基本ポイントとはどこのことだろう? ゲバラとの会話の後には、Vintorez、シャーロックとバーテンダーステパノとある。

ステパノとは話したが、Vintorez、シャーロックとは話していない。 ここかも知れない。 それではジュビリーで文書取得の後から、やり直して見よう。

しかし、ステパノとの会合地点でも、学校に飛ばされた後でも、ステパノとは会話ができるが、Vintorez、シャーロックとは話はできない。

うぅむ・・・ 


S.T.A.L.K.E.R. COPのMOD Chernobyl Chroniclesその13に続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ