業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その1961 S.T.A.L.K.E.R. SOCのMOD NS OP-2プレイ日記

2015/9/26 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R. SOCのMOD Nardonaya Soljanka Joint Pak2(OP-2)日記 その54。
--------------------------------
Kostyaのスタッシュ探しは、X-18とAgropromを完了して、Barへ戻った所からである。

■Bar
Kostyaに報告すると、次はYantarでのスタッシュ探しである。 「In the dumpster under the debris」というヒントがある。 これは忘れてしまっているので、PDFガイドを見た方が早い。

Garbageへの道筋で、Voroninの物量タスク「落とした文書集め」の一つを発見。 もう一つも近くでみつけた。

クリックすると元のサイズで表示します


パーツ集めを省略してアホニックと話すと、バッテリを貰った。 しかしそれは充電されていない。 バカニックは「充電はキメラでキメテ」などとアホな事を言う。

Strelok「冗談は顔と頭だけにしとけ!」

しかしヘボニックは真顔で「キメラはええぞ。 第一電気代がロハだ。 キメラは、埋立地に通じる道路沿いにいるから、そこへ行って充電してきてくれ。」と言い張る。

クリックすると元のサイズで表示します


Strelok「しかし、この100radにだって電気は来てるだろ。 なんでわざわざキメラなんて物騒なもので充電しなければならないんだ?」

ヘタニック「ここの商用電源じゃ電圧が低くてだめなんだ。 キメラでなければキマラないんだ。」

というわけで、絶縁用の手袋まで貰い、不承不承キメラ退治、いやキメラ借用に出かけることになった。 しかし、キメラともあろうものが、「ちょっと電気貸してね」という頼みに、「キメラクに使ってええでぇ! 」と素直に応じてくれるものだろうか?

この形相は、とてもキメラクとは見えないが?

クリックすると元のサイズで表示します


こ奴が近くに来たらFキーを押す。 これで充電できる。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし1回や2回ではフル充電にはならず、10回以上キメラの温情に痺れながら充電を続けた。 と・・・

クリックすると元のサイズで表示します


ようやく充電完了である。 100radへ飛んで戻り、バカニックにバッテリを渡した。 これでタスクは完了である。 

ついでに乱気〜に情報を聞くと、スタッシュ情報として、「Jupiterのコックピット内の倉庫」を聞くことができた。 しかしこれが3万ルーブルというのは、ぼりすぎではないか?

■Yantar
Kostyaスタッシュ探しのために、又Yantarにやってきた。 今回のスタッシュは「
残骸の下の大型ごみ箱の中に」というものである。

PDAガイドを見ると、その場所は工場地帯の北東のようだ。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし、このスタッシュもイジワルな隠し方で、まともに見てもスタッシュの表示は出ない。 近寄ってドラム缶の右下あたりを慎重に探ると、ある一点だけでFキーの表示がでる。 僅かでもポインタがずれていると、その表示は出ない。

クリックすると元のサイズで表示します


しかも取った後は、普通では行けない位置(マップ外)にワープされてしまう。 戻るには狭い通路をぐるりと回って進むと、ホワイトフラッシュの後通常のマップに戻れる。 これでYantarスタッシュもOKである。 

折角Yantarまで来たのだから、Sakharov先生の顔も見て行こう。 SakharovからはCNPP1で電気コントローラー3匹にビーコンを打ち込むというタスクが出る。 これはまずまず面白そうなので、受注することにした。

クリックすると元のサイズで表示します


これはCNPP2でRattleとplasma caterpillarを取得するタスクと兼ねて、後で行ってみよう。 まずはBarに戻り、Kostyaと話そう。

■Bar
しかし、Kostyaは既にArmy Warehouseに移動していた。

■Army Warehouse
Kostyaの次のタスクは、この「Army Warehouseでスタッシュ探し」である。 「Stash in army warehouses. Look in the village of bloodsuckers in the chimney.」、「bloodsucker村の煙突の中」ということだろう。

しかしこのスタッシュは、ガイドとは違う位置にあるようだ。 まあ、村の家々で煙突のある家は少ないから、一つずつ当たればみつけられるだろう。

と思ったのだが、よく見ると村の家の大半は煙突がある。 大した数ではないので全部調べるだけのことだ。 村の最北部の家でスタッシュ発見。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


Kostyaのスタッシュである。 これを取ると北部の墜落ヘリの所へ飛ばされた。 タロンキメラなど襲って来るが、早速Kostyaの元へ駆けつけた。

次のKostyaスタッシュは、Radarである。 「Stash on the radar. In the woods on the tree close to the hole in the mesh fence.」、「メッシュフェンスの穴の近く、森の木の上で」というものである。

その場所のKostyaスタッシュは、前にも取った記憶がある。 確かヘンテコな形の木の上ではなかったか。

■Radar
前のプレイではここだった。

クリックすると元のサイズで表示します

この奇妙な形の木の股にあったのだ。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし今回はみつからない。 となると別の木か? 近くの木も調べたがやはりない。 ここでAMKのガイドを見ると、この高架道脇ではなく、北東のトンネル付近のようである。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし、このレティクル位置の木と、その先の木も調べたが、スタッシュはない。 はて? 或いはspawnされていないのかも知れない。 Army Warehouseからやり直してみた。

ようやくみつけたKostyaスタッシュ。 しかし、これまでと同じく、取ると同時にワープで飛ばされる。 飛び先はRadar南部の森の中である。 ともあれArmy Warehouseに戻ろう。


S.T.A.L.K.E.R. SOCのMOD Nardonaya Soljanka Joint Pak2(OP-2)日記 その55へ続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ