業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その1873 S.T.A.L.K.E.R. CSのMOD Doppelganger プレイ日記

2015/7/25 | 投稿者: Hal


S.T.A.L.K.E.R. Clear SkyのMOD Doppelganger その24。
--------------------------------
Radar南西部の洞窟内で取得した、Hermitのフラッシュドライブにより、Varlabのドアを開けることができた所からである。。

■Radar banker
正面の入口から入ると、暗くてまるで何も見えない。 SEVAスーツを着てノクトを使ったが、僅かに明るくなる位であまり効果はない。 このあたりの演出は効果的ではあるが、あまり有り難くはない。

尚、このライトの不調はこちらのマシンのためらしい。 ロードし直すと正常に戻った。

出発点に戻り、右手の入口から入って見た。 これは・・・! Varlab+X-8といった感じの部屋である。

クリックすると元のサイズで表示します


下のフロアには何もなかったが、右手の階段を上がると明るい部屋に出た。 

クリックすると元のサイズで表示します


ここには相当量の医薬品やAMMOがあるが、それよりも机の下にあるPDAの方が重要だろう。

クリックすると元のサイズで表示します


これはデコーダーらしいが、インベントリでは同じ型のPDAがずらりと並んでいるので、今取ったPDAがどのようなものかはよくわからない。

それと机の上のラップトップも重要だ。 これにはStrelokのデータ類が入っているらしい。

クリックすると元のサイズで表示します


上のフロアにはもう一つのロックされたドアがあるのだが、こちらには入力装置もなく、どうやら開けることはできない模様である。

クリックすると元のサイズで表示します


Army Warehouseへの移動ポイント近く迄南下すると、義理堅くもあのscientists達は未だ待っていてくれた。 彼らをBTRでX-10近くまで護送送る約束なのである。 この約束が一体いつのことだったのか、Halさんはとうに忘れ果てていた・・・

クリックすると元のサイズで表示します


しかしこのBTRは「乗る」のFキーが使えない。 scientistsと話すとリペアキットが必要らしい。

クリックすると元のサイズで表示します


幸いリペアキットは手持ちがある。 しかしこのBTR操縦は時間制限がある。 これは短すぎるのである。 Halさんの見事な操縦術では100時間でも困難かと思われる。

なにせこうなったり、

クリックすると元のサイズで表示します


こうなったりするからだ。

クリックすると元のサイズで表示します


しかも坂道の途中で、いくらWを押してもズルズルと後退してしまう。 途中で前進後退が逆になっていたのである。 オプションでWとSを入れ替えて対処したが、こんな車は初めてである。

クリックすると元のサイズで表示します


苦心惨憺、ようやくX-10の入口迄BTRを運ぶと、あのムービーと同様にBTRは遙か宙の彼方に舞い上がり、大破してしまう。

クリックすると元のサイズで表示します


ともあれ「運送」した二人のscientistsは無事?X-10に入っていった。 ここでプレイヤーも一緒にX-10に入るのか、それとも別行動なのか、そのあたりも不明である。 とりあえずX-10に入ってみるか。

■X-10
しかしあのscientists達はいない。 それにプレイ日記その3を読み返して気がついたが、このX-10は入るのは簡単だが、出るにはかなり面倒な作業が必要なのだった。

中層(通常のX-10では最下層)でワープし、O-Consciousの部屋から又ワープというものだった。 その間O-Consciousとの会話などあって、面白くはあったが時間はかかった。

■Radar
そのようなわけでRadarでのデータから再開した。 西部の隅にはポータルがある。

クリックすると元のサイズで表示します


■Red Forest
出た所はRed Forestの北西部の洞窟内である。 このポータルはRadarからRed Forestへの片道らしく、帰りのポータルはここにはないようである。

南東部にスタッシュのマーカーがある。 洞窟があるがその近くに死体があり、傍らには小さな箱が落ちている。 その中には「プロジェクト blood その3」という文書が入っていた。

久しぶりにForesterじっちゃに会いにいった。 RevivedがArmy WarehouseでFreedom達を助けたことを話すと、「Stibnitovy Breakdown」というアーティファクトを貰った。

クリックすると元のサイズで表示します


Galena Breakdownというアーティファクトは、Army WarehouseからDark Valleyへの片道ワープをするものだった。 これは「Artifact moving in wormhole space.\nSubway Agroproma-subzone\nSubzones, Pripyat Undergrounds\nWarehouses-subzone\nDungeons Pripyati- \nHidden Hidden-road road」というものである。

Agroprom地下からPripyatのダンジョンへ飛ぶものらしい。 つまり、今はないメインタスクが、Agropromあたりで又出て来る可能性ができたということである。 よしよし!

st_er.xmlを見ると、同種のアーティファクトが後幾つかあるようだ。 X18-T.dolina、Warehouses-Valley nJupiter-dump\nRed Forest, Agriculture、Army Warehouse-Red Forestなどである。

それではまずArmy Warehouseに出てみよう。 と南西のポータルからArmy Warehouseに飛んだつもりが・・・ とんだ所に出てしまった。

クリックすると元のサイズで表示します


ポータルの飛び先が灰色の海というのは始めてである。 再現性がありautosaveは使えないので、じっちゃの所からやり直しである。

■Army Warehouse
今度はちゃんとArmy Warehouseの丘の上に出た。 しかしFreedom基地へ行ってみると、居るのはゾンビばかりでFreedomは全く居ない。 Lukashもみあたらない。 

クリックすると元のサイズで表示します



S.T.A.L.K.E.R. Clear SkyのMOD Doppelganger その25へ続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ