業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その1828 S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD OLR プレイ日記

2015/6/29 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD、Oblivion Lost Remake(OLR) その8。
--------------------------------
Agropromにて得意技発動するも、危うく思い込みを修正、無事Strelokのスタッシュを回収した。 Toadの依頼であるBarでBarkeepに会うために、Stalker Barに入った所からである。

■Stalker Bar 南市街
このStalker BarはバニラなどのStalker Barとは大分異なる。 これもbuild1935版のもので、草深く避暑地の高原といった趣きがある。

クリックすると元のサイズで表示します


この右手の建物は、造りがDead CityのLeila会館そのものである。 中にはストーカーが何人かいるが、話はなにもない。

クリックすると元のサイズで表示します


ここにDutyのトレーダーがいた。 しかし品揃えは全く芳しくない。 

クリックすると元のサイズで表示します


更に進むとこんな人がいた。 Dutyの将軍という名前?なので、もしかしてVoroninさん?

クリックすると元のサイズで表示します


しかしこのギョロ目のおっさんが、あの伊達男のVoroninとはどうしても思えない。 しかも「おれは今忙しい。 後で来い。 でなければこちらから呼ぶ。」などと威張っているのである。

南西のこの建物が100radらしい。 これはLost Alphaのものと同じではないか。

クリックすると元のサイズで表示します


中に入ると正にニュー100radである。 Lost AlphaではBorovに100radをおん出されて都落ち、outskirtsに店を開いたという設定になっている。 しかしこのOLRではBarそのものにあるのだから、都落ちではなさそうである。

クリックすると元のサイズで表示します


入口にはscientistsがいて、いちいち書くがこの人も\(^^@)/である。 次からはもう\(^^@)/は書かないので、ゴメンネ。 (全てのNPCが\(^^@)/なので、一々書く必要もない。)

クリックすると元のサイズで表示します


彼との話はよくわからない。 しかし、これも一々「よくわからない」と書く必要はない。 全ての会話がよくわからないからである。 とはいえ、おおよそ以下のことはわかった。

「Ivanovichは避難される工場から帰らなかった。 彼の情報がわかる文書を取ってきてくれれば、Scientific スーツを与える」というようなことらしい。 但し、これはタスク欄には表示されない。

そしてこのバーの主人である。 相変わらず冴え渡る悪党面。 しかも性格は顔以上に悪いという、奇特な御仁である。

クリックすると元のサイズで表示します


「Sri「Medpribor」の上でリリースを見つけた」というような話がでるが、これはどうやらこの製作グループの他のMODの宣伝ではないか。

肝腎の話はstring id="stader_bar_0から始まるものである。 Marked OneはToadからの文書を渡した。

Barkeep「ほう、おまえがMarked Oneか。 このエリアじゃ噂になってるぜ。 デストラックから生き返ったってな。 どれ、見せてみな。 ふむふむ、そうか・・・ なるほど・・・

Dark Valleyにはある種の研究所があるらしい。 秘密の地下研究所だ。 S.T.A.L.K.E.R.ゲームでの最大のウリの一つだな。 その研究所について、更に多くの情報が欲しい。

なのでお前にそこへ行ってほしい、とそういうわけだ。 弾は(タカネデ)売ってやるから、充分に持って行けよ。」

というわけで、これまたお馴染みのX-18タスクとなる。 ところがその後でキーを押し間違いW、「Machine for Bartender」というタスクを引き受けることになってしまった。

「Find a truck for the factory・Drive the car to the bar」というものなので、又苦手の車の運転をしなければならないようだ。 そのfactoryの場所だが、game_task id="car_barmen_rostok_task_goとなっているので、Rostokらしい。

Rostokなら近いし、道もしっかりしているので、まあいいか。 このStalker Barの北にはもう一つの市街があり、その西端にRostokへの移動ポイントがある。 Dark Valleyに行く前にそこへ行ってみるか。

クリックすると元のサイズで表示します


バーの片隅には情報屋もいる。 しかし、彼が持っている情報が有用かどうかはわからない。 それにこのスタイルは、情報屋というより大道易者だ。

クリックすると元のサイズで表示します


バーの入口にはhunterがいて、彼と話すとライフル探しとなる。

「ハンター: 『銃を持ってきてください。
ヒル(あなたが場所の座標から投げ出すNow)の本場で、私は彼を失いました。
そして、向こうに気をつけてください、これらの生きものは非常に怒っています。』」というものである。

会話は「私の銃...を失った吸血鬼のi Thoughtは、撃つ、彼自身かろうじてYes離れて足。ののしりなさい!傾聴、あなたが私の銃を持ってくるならば、兄弟づきあいをしなさい、ありがとう。

ほとんど行き詰まって、私は彼に言った支持する、そして、はいそのようなdasada。それは、ここにある、設備芽のための現場でのBar。家のうちの1つでの。ウインドウが、バックパック...」である。

「荒野の家の一つで、彼のライフルを見つける」と、walkthroughにはある。 どうやらこのStalker Barのマップ内らしい。

探し回る内にCTD数回。

[error]Arguments : LUA error: f:\mod\olr_v2.5\gamedata\scripts\ph_car.script:898: C stack overflow

である。 スタック伯母風呂はどうしようもない。 どうもこのStalker BarではCTDが多いようだ。 当面hunterタスクは棚上げとしよう。

それではとにかくRostokまで行ってみるか。

■Stalker Bar 北市街
この北市街はポリゴンが作り込まれておらず、実際には使用されないようである。 或いはRostokへの移動ポイントをおくためだけのものかしも知れない。

クリックすると元のサイズで表示します


雰囲気は中々良さそうなので、少しばかりもったいないような気もする。

クリックすると元のサイズで表示します



S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD、Oblivion Lost Remake(OLR) その9へ続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ