業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その1824 S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD OLR プレイ日記

2015/6/26 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD、Oblivion Lost Remake(OLR) その4。
--------------------------------
Sidorovichのタスクで、Diggerと会い、Boar退治をする所からである。

■Cordon
ここで動画を調べた。 お馴染みのCineman氏の動画である。 その動画によると、Diggerと話した後、Diggerは先に立って走り出し、Boarを殺すことになっている。 しかし、私のプレイではDiggerは陸橋の下で立ち止まったままだった。

これはもしかすると、Diggerとの会話で選択肢を間違えたのだろうか? 生憎動画はロシア語なので、動画のプレイヤーがどの選択肢を選んだのかはわからないのである。

動画を見て、どうがら、いやどうやらDiggerと話してBoar退治をすればよいらしい、という所迄はわかった。 しかし、Halさんのプレイでは、Diggerは話した後に移動しないのである。

或いは選択肢の間違いかと、ロードしてやり直すことにした。

インベントリ右下には「relax」というボタンがあるが、メニューには1.4.8などとあるので、これはどうやら睡眠らしい。 

クリックすると元のサイズで表示します


しかしその8などをクリックするとCTD。

[error]Description : XML node not found
[error]Arguments : global_wnd

このglobal_wndはxmlファイルでの画像位置指定らしい。 試しにconfig\uiをリネームしてみたら、以下のエラーメッセージ。

[error]Description : f:\mod\olr_v2.5\gamedata\config\ui\game_tutorials.xml
[error]Arguments : The system cannot find the path specified.

となるとuiフォルダはリネームして残し、unpackデータからuiをコピーしてみた。 今度はui_common2.xmlがないとのエラー。 コピーすると、

[error]Description : XML node not found
[error]Arguments : dragdrop_knife

これは前のuiフォルダを使い、エラーの原因となるファイルを特定した方が速そうである。

現在のgame_tutorials.xmlはfix13のものだが、これを英訳のものに入れ替えてみた。 OKである。

注 この睡眠を取ると落ちる件は、後にfixできた。 これはgame_tutorials.xmlの問題ではなく、olr_sleep.scriptの問題だった。 夢のデータなどが異常か或いは欠落しているものがあったようだ。

こうしてゲーム再開、Diggerと話すところからである。 しかし今回もDiggerは話の後、動こうとしない。 ここでメッセージをもう一度確認すると、「工場で肉でそこである。静かに忍び寄りなさい、それから、目障りを殺しなさい。」とある。

となると、Diggerは同行しなくても、廃工場でミュータントを殺せばよいのか? それでOKだった。 但し場所は廃工場ではなくATPなのだが、このMODでのATPは車両基地ではなく廃工場なのである。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


これでSidorovich(Toad)の所に戻れとなる。 Sidorovichに「マカロフ(PM)は有用だが、十分に強力とは言えない。 もっと良い武器が欲しい。」というと、次のタスクとなる。

それは「Missing squad Leader」で、militaryの大尉を助けろといものである。 「Speak to Captain・Kill the Monster・Escort the Commander・Talk to Toad」の4段階である。

場所はATPだが、最近ゾンビなどが良く出るそうだ。 そしてtoz-34ショットガンとAMMOを貰った。 これでようやくまともな武器が手に入ったわけである。

ATPに行くと大尉がいた。 彼も又\(^^@)/スタイルである。 これはこのMODの東京特許許可局パテントポーズなのだろう。 これは、このお役所名を3回早口で繰り返し、正確に発音できた者のみに許可されるパテントなのである。

クリックすると元のサイズで表示します


Marked Oneが、「あんたは指揮官か? ここで何が起こった?」と聞くと、彼は鼻で笑い、2階になにかいると答えた。 同時に視界が大きく揺らぎ始める。 これはBlurかコントローラーだろう。

2階に上がると果たしてそれがいた。

クリックすると元のサイズで表示します


Sidorovichがショットガンをくれた理由がわかった。 この視界の揺らぎでは、アサルトライフルでは外す可能性が高い。 それでショットガンなのである。

これを倒すとタスクは司令官を護衛しろの段階となる。 そしてこの司令官も立ちんぼオンリーで動こうとしない。 このOLRでは、NPCが動かないのも東京特許許可局パテントらしい。

このOLRでは、alifeでのswitch_distanceは190となっている。 これを690に上げてみた。 動いてくれよ、militaryさん! これじゃゲームが進行しないんだよ!

しかしそれでも司令官は動かない。 switch_distanceを下げても動かない。 これはswitch_distanceの問題ではなさそうである。

dialogs_escape.xmlを見ると、「2階になにかいる」の後は、string id="444_tader_0となっている。 そこでは<has_info>kv_4_prisel</has_info>がフラグである。

このフラグはコントローラーを倒せば立つ筈なのだが、それがどういうわけか立っていない、ということらしい。 

そこでの会話が「指揮官は、現在軍のbase」から始まる一連の会話である。 この会話の後、militaryは走り出すのが、正常な進行なのだろう。 動画でもそのような進行になっている。

結局dialogs_escape.xmlを改変、

<!-- here
<has_info>kv_4_prisel</has_info>
-->
とした。 これでタスクはOKなのだが、視界の揺らぎが収まらない。 これはmilitaryを護衛した後に解消すると思われるが、そのルーチンの場所を探すのが面倒である。

で、邪道中の邪道ではあるが、militaryと第一の会話終了でタスク完了、コントローラーも出現しないようにした。 まあ、前のプレイで一応コントローラーも退治しているし、第一もう面倒でやっていられないのである。

<next>3</next>
<give_info>kv_4_bazar</give_info>
<give_info>kv_4_prisel</give_info> (前準備タスク完了)

<!-- here (コントローラーは出ない)
<give_info>esc_contr_spawn</give_info>
<action>soundtrack.wolf_kontr</action>
-->

但し、上記だけではエラーになる。 他のファイルで参照しているからである。 info_l01escape.xmlで、以下をコメント扱いにしないと落ちる。

<!-- here
<info_portion id="esc_contr_spawn"> </info_portion>
-->

この後のSidorovichとの会話で、

next>3 /next>
give_info>kv_4_done /give_info>

が出て、タスク完了となった。 やれやれホッ・・・ 疲れたよ、こういうのはもう嫌だよ・・・

注 このNPCの動作については、後にも同様の現象があり、その原因を調べた。 これはxr_motivator.scriptに問題があり、非公式patch13のxr_motivator.scriptだとこのような状態になる。

これをオリジナルからunpackしたxr_motivator.scriptに入れ替えれば、NPCはちゃんと走り出す。 unpackが面倒なら、単にxr_motivator.scriptを削除するだけでもよい。 当該ファイルがなければ、プログラムはpackファイル(db*)から読み込むからである。

どうも非公式patchにはかなりの問題がありそうな気がする。 公式01patchと英訳のみに止めた方が無難かもしれない。

但し、この現象が普遍性のあるものなのか、私個人だけのものかは、今の所不明である。


S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD、Oblivion Lost Remake(OLR) その5へ続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ