業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その1783 S.T.A.L.K.E.R. SOCののMOD OGSE 0693 プレイ日記

2015/5/31 | 投稿者: Hal


S.T.A.L.K.E.R. Shadow of Chernobyl(SOC))のMOD OGSE 0693 プレイ日記 その2。
--------------------------------
「心な〜 Monolith様ぁ  心細いよ ナンジャラホイ ゾーンの旅は〜 ヨイヨイヨイ」

「ABAKANにな〜 Monolith様ぁ ABAKANに木の葉が ナンジャラホイ まいかかるぅ〜 ヨイヨイヨイ」

毎度お馴染み使い回しの「ゾーン節」を唄いながら、Marked Oneが初タスク「アーティファクト「blood stone」を探す」に出かける所からである。

■Cordon
ここで始めて気がついた。 Sidorovichと会うのには、この門番に300ルーブル払わなければならないのである。 あの腹鼓タヌキに会うのに金を取られるというMODは、初めてである。

クリックすると元のサイズで表示します


Marked One「シド、あんた出世したんだな・・・」

といわけで改めてアーティファクト探しに出陣である。 さて、そのアーティファクト「blood stone」はどこにあるのか。 マーカーは出ていないのである。 

と、心配する必要はない。 マーカーは出ていないが、マップにはちゃんと灰色マーカーが出ているのである。

クリックすると元のサイズで表示します


とはいえ、ここはバニラでも他のMODでも、アノマリーの巣である。 ましてタスクの説明でも「アノマリーが多い」と書かれているからには、さぞかししんどいことだろうな。

やはりしんどかった。 一度死んだ方がましかどうかはわからないが、やはり一度死んだ。w

クリックすると元のサイズで表示します


それでもようやくアーティファクト発見、但しSSを撮る余裕はなかった。 Sidorovichの所に戻ったのだが、この門番めには、クエストの報告に行く時さえ金が必要なのだ。 

Marked One「主人が強欲だと、門番まで強欲になるもんなんだな・・・」

不思議なことには、アーティファクトは確かに取得して持っている(タスク欄にはチェックが入っている)のに、Sidorovichは受け取らず、タスクも完了にならないことである。 これはスクリプトエラーなのか、それとも何かの条件が足りないのか?

更に新しいタスクも出ている。 

「PE−一群の初心者からふんだくっている痛みがヘリコプターを焼くのに十分で、彼ら全員に終わることは、死にました。そして、多分、すべてがチェックしに行く必要があるというわけではない。」というものである。

これはpms(SMSのことか?」でSidorovichから着信したものである。

「Strelok。人工品(後のzanesクsh)で、彼を葬れ。
私の身内が援助を必要とする所で、道を離れて小さいワゴンに向って走ってください。
推測されて、くそったれは火事にヘリコプターで行きます、すぐに、SOSを大声で言ってください。
現在、あなたには速く新しい仕事があります!」

さて、どうしたものか? とりあえずこちらのタスクを進めてみるか?

ところでtext IDを埋め込んでいる時に気がついたのだが、このMODでのtextIDの順序が無茶苦茶なのだ。

通常は string id="esc_kvest_help_1-1 から始まる時は、次がesc_kvest_help_1-2 esc_kvest_help_1-3 と続く。 

しかし、このMODでは、esc_kvest_help_1-9が先頭に来ていてesc_kvest_help_1-1が一番最後になっている所がある。 つまり逆順なのである。 

或いは全く順序が無視されていて、19から始まり、15・9・101・3002とかの順になって所さえある。 更には連続した一連の会話で、次のセリフが全く別のファイルにある場合もある。

これではデバッグをする時に随分困るのではないか。 そんな状況なので、IDを埋め込むのも通常のMODの3倍位の時間と労力を要した。

ともあれ、Sidorovichからアーティファクト探しのタスクが出た所から再開することにした。

無事blood stoneを取得、pms(SMSのことか?」もSidorovichから着信。

クリックすると元のサイズで表示します


Sidorovichの身内救助である。 道を離れて小さいワゴンに向って走れとのことだ。 これはトンネル付近にあるあれのことだろう。 到着するとやはりTolikが倒れていた。

クリックすると元のサイズで表示します


Tolikにメディキットを与えると、「この恩は一生忘れないぜ!」と感謝された。 これでSMSのタスクは完了である。 Wolfからも部下の救出に感謝のSMSが届いた。

これが正解だった。 先にTolikを助けておかないと、Sidorovichはアーティファクトを受け取らないのである。 こうしてアーティファクトタスクも無事完了である。

Sidorovichからの次のタスクは「スカウトから情報を取れ」である。 これはバニラでのATPBandit討伐と似たタスクである。 まずWolfと話し、次にWolfの部下(Petruhaか?)と話し、ATPでBandit討伐。 メモリスティックを取得するというものである。

Banditは2.3名倒すだけで討伐は終了。 

クリックすると元のサイズで表示します


ここまではバニラと同じだが、その後が異なる。 続いてメモリスティックだが、これはATPではなく南の軍検問所である。 検問所では多数のmilitaryやBTRまでが、出迎えてくれる。

クリックすると元のサイズで表示します


メモリスティックのある場所はバニラと同じで、奥の兵舎の棚にある。

クリックすると元のサイズで表示します


これを取れば長居は無用、一目散にSidorovichのバンカーに戻ろうとしたが、ここでBlowout。

クリックすると元のサイズで表示します


このMODでは、Blowoutの時のPDA画像が凝っている。

クリックすると元のサイズで表示します


つまりエミッションのためにPDAが動作しない、ということなのである。 中々雰囲気はあるが、プレーヤー側からすると位置の確認など出来ないので、あまりありがたくはない。


S.T.A.L.K.E.R. Shadow of Chernobyl(SOC))のMOD OGSE 0693 プレイ日記 その3へ続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ