業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その1780 S.T.A.L.K.E.R. COPのMOD ホワイト軍団 プレイ日記

2015/5/30 | 投稿者: Hal


S.T.A.L.K.E.R. Call of Pripyat(COP)のMOD ホワイト軍団 プレイ日記 その11。
--------------------------------
Iron Forestにて巨大ガウスガンへ至るドアを開いた所からである。

■Zaton Iron Forest
小屋の外にはStrelokやGarik、Kovalsky迄いて、あたりを警戒している。 ホワイト軍団オールキャストである。

それで思いだした。 このMODのタイトル「ホワイト軍団」の件である。 これはロシア語では「Белый Отряд」」で、訳するとホワイトカンパニー、或いはホワイト軍団となる。

その「ホワイト」にはどのような意味があるのだろう? 特に白色のスーツを着ているわけでもないし、その他白に関連する字句も出て来ない。

現在既にエンディング間近と思われるが、その「ホワイト」に関する疑問は解消されていないのである。 或いはエンディングでこの疑問に対する答が用意されているのだろうか?

もう一つ気がついた点は、このMODの難易度は極端に低い。 ほぼ全てのタスクにマーカーがあるし、ないものは自然に進展して行くようになっている。 アイテム捜しにしても、マーカー地点に行けばすぐ目につく所におかれていて、迷うということがない。

前回プレイのデジャブが極端に高い超高難易度のMODだったのに比べると、あっけない位である。 デジャブのようにまともにやっていては、一つのタスクさえ満足に進むことが出来ないのも困るが、このホワイト軍団のように、考えることも迷うことも全くないというのも、歯ごたえがなくて面白くない。

やはり、ゲームとというのは手頃な難易度が必要なのだということを、改めて強く感じたのである。


閑話休題、ゲームに戻る。 ドアから入り階段を下ると広間に出る。 右手に見えるハシゴが巨大ガウスへの道である。

クリックすると元のサイズで表示します


ここに辿りつくには左手奥の階段を登り、更にハシゴを登る。

クリックすると元のサイズで表示します


狭い梁を渡って行くと、先程のハシゴに至る。

クリックすると元のサイズで表示します


そして四角い穴に飛び込み、先へ進むと巨大ガウスと資料がある。

クリックすると元のサイズで表示します


これを取ると、「help my group」となる。 地上ではDegtyarevやStrelokがmercenaryに襲われている模様である。

クリックすると元のサイズで表示します


地上に戻ってSerbinとの会話となる。 Serbinに取得した文書のことを聞くと、「1989年にX8 Laboratoryで輸送されるこれらの武器のすべてのその作られたサンプルを書かれます。」とのことである。

そしてカラス移動でSkadovskに戻る。 Degtyarevと新しい道について話すことになった。

■Skadovsk
彼は自分の無線機を壊してしまったらしい。 それでMercenariesが現在活発に活動してるい廃棄物処理場で、無線機をかっぱらってきて欲しいと頼むのである。 ついに主人公はドロボーの領域迄落ちぶれてしまったのだ。

マーカーは廃棄物処理場の中央当たりに出ている。 それではひとっ走り行ってこようか。

■廃棄物処理場
処理場にいるmercenaryは、敵対関係の赤Markではあるが、攻撃はしないので、そのまま建物に入った。

クリックすると元のサイズで表示します


マーカーの地点に無線機がある。

クリックすると元のサイズで表示します


これを取ると、いきなりガソリンスタンド脇のダンジョンに移動する。 いくらカラス移動といっても、なんの説明もなく突然こんな所に放り込まれるとは、あまりといえばあまりな仕打ち。w

洞窟の中は無数の枝道があって極めて迷いやすい。 面積的には大して広いダンジョンではないが、目印になる特徴的な事物がないので、現在位置の確認がしにくいのである。

それでも盲滅法歩き回っていると、いつの間にか頭上に夕暮れの空が見えた。

クリックすると元のサイズで表示します


出た所はclawアノマリーの近くだった。

クリックすると元のサイズで表示します


Skadovskに戻り、Degtyarevに無線機を渡した。 Degtyarevは礼を言い、ヘリに乗ることになった。

■Pripyat
移動先はPripyatの学校の北あたりだった。 回りにはホワイト軍団の面々が顔を揃えている。 Degtyarevと話すと又々いきなり走り出した。 行く先はjubileeらしい。

クリックすると元のサイズで表示します


jubileeの中に入ると、一同はX-8へのエレベーター前で警戒態勢を取った。

クリックすると元のサイズで表示します


Degtyarevと話すとカラス移動でX-8の内部となる。

■X-8
エレベーターを降り、階段を下るとPhantomがいた。

再開を喜ぶDegtyarev(又はGarik又はなんだかわからんことの人)に、Phantomはこの研究所は全てを破壊する必要が有るというのだ。

走り出すPhantomの後を追って、階段を下りFALLEN STARの「あの」部屋に着いた。

クリックすると元のサイズで表示します



S.T.A.L.K.E.R. Call of Pripyat(COP)のMOD ホワイト軍団 プレイ日記 その12へ続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ