業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その 文明の利器?編

2010/1/22 | 投稿者: Hal

文明の利器と言われるものがある。

実際に使って非常に有り難いものから、カッコだけで全く実用に適さないものまで様々だが、私にとっての最大の「文明の利器」はPCである。 

この全く実用性のない、世のため人のためにはまるで役に立たないブログを書くのにも、会社の帳簿をつけるのにも、クリエーターさんと連絡するのにも、全てこのパソコンを使用している。

なにより、そのPC上で動くゲームでメシを食っているのだから、あだやおろそかにはできない。 PCがなくなればたちまち飢餓状態となり、最後にはミイラになってしまう。 文字通り「これがなければ死ぬ」のである。 

で、私のPCは厳かに且つ恭しく神棚に載せてあり、毎朝お線香を上げその前で手を合わせている。


実用性の低いものの代表格が、「オール電化」とかいうキャッチフレーズの台所で、200Vの電気コンロというものがついている。 これが「清潔・安全・高効率」といううたい文句とは裏腹に、役に立たないしろものなのだ。

「理論的には」200Vのものはガスコンロと同等以上の火力がある、とマニュアルには書かれている。 しかし・・・ 現実にはコーヒー用のお湯ひとつ湧かすにもえらい時間がかかる。 蕎麦を茹でたり炒め物をしたりするとなると、火力不足の為に時間がかかり過ぎ、まずくて食えない蕎麦やもやし炒めができていまう。 カセットガスの方が遙かに火力が強くて使いやすいのだ。

これではとても「文明の利器」などと言えるものではない。 せいぜい「文明の鈍器」或いは「文明の豚児」というところだ。

前のマンションでも、エアコンの配置が悪かったせいか頭上ばかり暑くなり、足下が寒くてしょうがない、ということがあった。 設計者によれば、「理論的には」このエアコンには十分なカロリーがあるということだったが、現実に寒いものは寒い。 結局ガスのファンヒーターを使うことになったが、この方が遙かに暖かくランニングコストも安かった。

「理論的には」とか「文明の・・・」とかいうキャッチは、実際の生活には鬼門のようだ。

0



2010/1/22  13:24

投稿者:Hal

元友店長さんおばんでございます。 そうですね。 電気コンロは火を落としてもしばらくは暑いので、火傷が怖いです。 ガスだと青い炎があるので用心しますが、電気は見た目は冷たい時とおなじですからね。

2010/1/22  10:33

投稿者:元友店長

電気コンロは僕もオーストリアで使っていました。あっちは結構ガス爆発事故があるので、電気コンロも普及しつつあります。
アレの欠点は火を落としてもしばらくコンロは熱いまま、煮過ぎてしまった、火を通し過ぎた、焦がしてしまった等、ガスコンロの感覚で使用しているととんだ失敗を起こしてしまいます。


http://www.amazon.co.jp/%E5%BC%B1%E8%80%85%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E5%96%A7%E5%98%A9%E8%A1%93-%E5%B9%BB%E5%86%AC%E8%88%8E%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E6%96%87%E5%BA

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ