業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その1640 SOCのMOD F.O.T.O.G.R.A.F 2周目プレイ日記

2015/2/24 | 投稿者: hal


S.T.A.L.K.E.R. Shadow of Chernobyl(SOC)のMOD F.O.T.O.G.R.A.F 2周目プレイ日記 その1
--------------------------------------
前々回にストーリー型MODの超傑作SP2+Autumn aurora2をやり、そのこってりまったりした面白さを堪能した。 それに比べて前回のEPILOGUEはあっさりし過ぎていて、かなりの不満が残った。

というわけで、SP2の作者さんAntreg氏再びである。 「大人のための悲しい物語」F.O.T.O.G.R.A.Fである。 紹介については、前回の日記「業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その1135 S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD F.O.T.O.G.R.A.F 導入の記 14/3/27」からの再掲に、若干の修正(カッコ内)を加えたものである。

--------------------------------
■ファイル

解説 GSCのサイトは暫く落ちていたが、現在は復活している。
http://www.gsc-game.com/index.php?t=community&s=forums&offset=-540
http://stalkermod.ru/MODYI-Teni-CHernobyilya/stalker-mod-fotograf-chast-pervaya.html

本体
https://disk.yandex.com/public/?hash=YXp2qdp4Ou%2Bot%2BImll1GzDVRSnLFT3LrOuOJCZgqH0Q%3D

パッチ 
https://disk.yandex.com/public/?hash=cuCWEJJDqiCeB0VIcOyygUVQlw17ccbrsok4ZSUJR90%3D

F.O.T.O.G.R.A.F 機械翻訳英語版

https://www.dropbox.com/s/jo7r8ngkf0mf22e/FOTOGRAF_Eng_Trans_REV1.rar

F.O.T.O.G.R.A.F 日本字奇怪訳 foto-machine-jp.zip  3.4 MB

http://ux.getuploader.com/hal800/download/14/foto-machine-jp.zip

F.O.T.O.G.R.A.Fのガイド。 但し有用であるかは疑問である。

http://translate.googleusercontent.com/translate_c?depth=1&hl=ja&prev=/search%3Fq%3DS.T.A.L.K.E.R.%2B%2BF.O.T.O.G.R.A.F%2B%2BENGLISH%26hl%3Dja%26rlz%3D1T4GGHP_jaJP459JP459&rurl=translate.google.co.jp&sl=ru&u=http://stalkermod.ru/forum/66-fotograf/52518-gid-po-prohozhdeniyu-moda-fotograf-na-tch.html&usg=ALkJrhjJwxcMu9gYJY8ViPlG7cxpg78ydA

--------------------------------
■インストール
ダウンロードしたファイル群のsetup.exeを起動して言語はengを指定、インストールフォルダの指定などして進行する。 この時インストールされるフォルダ名がShadow of Chernobylではなく「S.T.A.L.K.E.R.」になっているので驚いた。

これは指定を間違えたのかと、インストールをやり直したが、同様のフォルダ名となる。 不安ではあるがとりあえずそのまま進行、インストール終了。

フォルダ構成を見てまたびっくり。 フォルダ「S.T.A.L.K.E.R.」の下には、通常のShadow of Chernobyl直下のフォルダと同様のものが全てある。 つまり、製品版インストールなのである。

(注 この時はリパッケージ版というものを知らなかった。 このF.O.T.O.G.R.A.Fが私の始めてのリパッケージ版だったのだ。)

このF.O.T.O.G.R.A.Fのインストールは、通常のS.T.A.L.K.E.R. - Shadow of Chernobylフォルダにgamedataフォルダを作るという方法ではなく、「S.T.A.L.K.E.R」という全く別のフォルダになる。 その下にはbinからgamedataまで一式全て新規作成という、珍しいスタイルで、VCやdb0-dbbのアーカイブファイルもインストールされる。 版権は大丈夫なのだろうか。

これはつまり、製品版のS.T.A.L.K.E.R.を持っていなくても、これだけでプレイ出来るということになる。 Lost Alphaもこのスタイルになるらしいし、それ以外にもMOD名は失念したが、同様のスタイルで発表されたものがあったのではないか。

パケ版とSTEAM版でSOC、CS、COPとそれぞれ複数揃えた者としては、なにか非常に微妙な気持ちになる。

■パッチ
これは解凍したgamedataフォルダを、インストールしたフォルダに上書きするのみである。

■英語版
これも解凍したgamedataフォルダを、インストールしたフォルダに上書きするのみである。

ファイル数はgameplayが、英語版116、オリジナルのロシア語版118、テキストは全数ある。 scriptsは入っていない。 つまり画面に表示される分は、ほぼ全てカバーしていることになる。 これならキリル文字でCTDということは少なそうだ。

但し、絶対ないとは言えない。 ロシアのMODでは、スクリプトファイルに迄キリル文字が入っていることが、ままあるからだ。
--------------------------------
■起動
ロシア語では無事起動。 その後、機械翻訳英語版を導入したところでFATAL ERROR。

FATAL ERROR

[error]Expression : fatal error
[error]Function : CStringTable::Load
[error]File : E:\stalker\patch_1_0004\xr_3da\xrGame\string_table.cpp
[error]Line : 53
[error]Description :
[error]Arguments : string table xml file not found string_table_includes.xml, for language eng

しかし、この「string_table_includes.xml」というファイルは、英語版にもロシア語版にもない。 ???

これはlocalization.ltxの中で、存在しないファイルをinclude指定していたかららしい。 

localization.ltxで、以下のファイル指定の所を削除した。(localization.ltxでは、「.xml」の部分はついていない)

S.T.A.L.K.E.R\gamedata\config\localization.ltx

string_table_includes.xml
stable_dialogs_deadcity.xml
ui_st_mapdesc.xml
ui_st_mp.xml
stable_game_credits.xml

しかし、localization.ltxはrusもengも
language = eng/rus

が違うだけで全く同一なのに、何故かロシア語ではそのまま起動してしまう。 なのに、英語は上記を削除しないと起動しないのだ。 なんとも不思議な現象である。

(注 この現象はロシアのMODでは、かなりの頻度で発生する。 或いはどこかで「#include rus」文が有るのかも知れない。)

又、ルートにgamedata.dbc/d があると起動しないことがある。 バージョンチェックなのだろうか。

--------------------------------
■内容
「大人のための悲しい物語」という紹介文があった。 以下GSCでの紹介文である。

--------------------------------
ストーリー

- 法律の既知の、よく確立された原則がないときにも持っている唯一の神秘的で、未知の「何か」があった場合に他に何も、指定されていない場合に、新しいプロットはプレイヤーが「時間の前に「ゾーンを見ることができるようになります知っている、神秘的で原因不明の現象や謎と、そのパスに出会った。 オリジナルのPM文字について友達に会うだけで、ゾーンの歴史の中でその場所を取るし、将来のヒーローになる準備をしている。 脱走兵、略奪、ディガーと神秘的なオブザーバーは、ハード途中でフォトグラファー満たされる。 そして、もちろん、それによって、その主な使命の一つを満たす、報告、最初は非常にシンプルだった1を完了する必要があります。
- 観察の欠如と、その結果として、一見、一見些細に気づくことができないことが、物事は時期尚早最後のシーンにつながることができます。
- エネルギーの無尽蔵の源は何ですか?
いくつかのオブジェクト? 現象? あるいは見知らぬ男の病気に想像することができますか?
または多分それはいくつかの「非伝統的」な状況が可能な独自の内部力がパワーで予測不可能なリリースエネルギーを作るの?
多分 - それだけで野生動物が担当の男性を示していますか?
- かなりゲーム "絵"の質が向上し、本変形素晴らしいテクスチャパックで。

*すべてのイベントとの文字が架空である。
可能な一致 - ランダム。

--------------------------------
■スペック
DLファイルサイズ 5.6GB
総容量      12GB
メモリ      3-5GB 程度を使うようだ。 つまり32ビットOSでは事実上動作しないと思われる。 (注 動作するにしても、到底快適とは言えないだろう)
--------------------------------
■テストプレイ

初期画面迄は約10秒と、かなり速い方である。 デフォルトのもの。

クリックすると元のサイズで表示します

日本語用にui_font_gothic_*.ddsを入れたもの。

クリックすると元のサイズで表示します

渋い色合いで中々良い感じである。

起動直後に、男声によるかなり長いモノローグがある。 残念ながら声もテキストもロシア語なので、意味は全くわからない。 

(注 恐らくは、ここで主人公の紹介や、背景設定について述べられているのだろう。 声かテキストか、せめてどちらかが理解できれば、この後のゲームプレイが随分と楽しくなるのだろうが、残念である。 テキストもグラフィックとして表示されているので、訳しようがないのである。)

ニューゲームでのロードは、41秒とかなり速い。 セーブデータのロードは15秒と、更に高速である。 元々SP2はAMK NS系に比べてロードは速かったので、当然かもしれない。

現在の場所は、平和維持軍基地の一角らしい。

クリックすると元のサイズで表示します

マップにはCordonはなく、Garbageに相当する場所は工業地帯(industory area)となっている。 又BarはあるがWild TerritoryやArmy Warehouse、Yantarもない。 Dead Cityやforest、Pripyat、CNPPはある。 

このようにマップ構成は、バニラはもとよりこれまでのAMKマップとも随分異なるようだ。 (注 このMODにはbuild1635のマップが多数入っている。)

目の前には平和維持軍の兵士とおぼしき男がいる。 又SP2のスミス将軍もいる。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じの出だしである。 

どうです、わくわくしませんか?
--------------------------------
尚、ここに挙げた前回の日記は1年ほど前のものなので、その後のパッチなどもあるかも知れない。 しかし、私が調べた限りでは、新しいパッチ類は見つかっていない。


S.T.A.L.K.E.R. Shadow of Chernobyl(SOC)のMOD F.O.T.O.G.R.A.F 2周目プレイ日記 その2に続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ