業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その1403 Skyrimプレイ日記

2014/9/29 | 投稿者: hal

The Elder Scrolls V Skyrim プレイ日記その32
--------------------------------------
吸血鬼の王ハルコンを倒すには、ドーンガード達の助けを借りる必要がある。 そのためドーンガード砦に戻った。

■ドーンガード砦
イスランにこれまでの経緯を話すと、彼もハルコン打倒に賛成してくれた。 そしてドーンガードたちに「ハルコンだよ、全員集合」をかけた。

かけたのはいいのだが・・・ これがドーンガードの全員かよ?

クリックすると元のサイズで表示します


数百名とはいわないが、せめて十人単位であって欲しい。 Skyrimもゾーン同様に人口は至って少ないようだ。

■ヴァルキハル城
中へ入ると雑魚共が襲って来るが、これは特に問題は無い。 奥の閉ざされた扉は礼によって鎖を引いて開ける。

中にはハルコンがいてセラーナと言い合いになるが、いずれにしても行き着く先は戦闘である。

クリックすると元のサイズで表示します


ハルコンとの戦闘のやり方は、通常の姿の時は通常武器で攻撃すればダメージを与えられる。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし、体力が減ってくると、このように血の魔法のシールドを張って体力を回復しようとする。 

クリックすると元のサイズで表示します


この状態では通常武器は全く無力なので、ここでアーリエルの弓に持ち替え、太陽神の矢を使って攻撃する。 これの繰り返しである。 こちらも有限のヒールポーションで体力を回復しながら戦うのだから、まあ、おあいこか。w

こんなに体力が回復するんじゃ、無限に繰り返しても終わらないじゃないかと心配していたら、何回かこのシールドを張ると、もうそれは使えないらしい。

そこを全力で攻撃し、ついにハルコンを倒した。

クリックすると元のサイズで表示します


ハルコンを倒すとセラーナを従者にできる。 口うるさいオバハンおねーさんだが、実力は頼りにできるので、よしとしよう。

これにてDLCドーンガード全巻の終わりであります。 

この時点で存在するクエストは、戦死者(メインクエスト)・霊魂の確認(ディスクドラクエスト)・ドラゴンボーン(DLC)・その他である。 引き続きDLCのドラゴンボーンをやることにした。

まずは、カルト信者たちを送ってきた人物を突き止めることが必要だ。 これは大分前にリバーウッドで奇妙なカルト信者と遭遇しているが、それのことである。 お前は真のドラゴンボーンではない。 真実のドラゴンボーンはいずれ現れる、というようなことを叫んでいた。

このカルト信者から「信者の命令」というメモを取らなければならないのだが、どうやら取り忘れたらしい。(・∀・) 今からリバーウッドに行っても、死体がのこっているかどうか・・・

ともあれ一応行ってみようか。

■リバーウッド
死体はやはり残っていないようだ。 しかし有り難いことにマーカーが出ている。 まずはそこへ行ってみよう。

あったぞ! 律儀にもカルト信者の死体は未だあった。 しかもこ奴はダークエルフなので、「霊魂の確認」のダークエルフの血も取れた。 一石二鳥とはまさにこのことである。

クリックすると元のサイズで表示します


カルト信者から取った信者の命令を読むと、クエスト目標は「ソルスセイムに行け」となる。

ソルスセイムへは、ウインドヘルムの港でノーザンメイデン号の船長と話すことが必要らしい。

■ウインドヘルム
一旦町の外へ出て南に下り、その後北東に向かうと船が何隻かもやってある。 そこにあの信者達を乗せていた船長のソルトセイジがいた。

ソルトセイジはもうソルスセイムに行くのは嫌だと渋っていたが、「お前が乗せていた船客が俺を襲ったのだ。 それなりの責任はあるだろう?」と説得してソルスセイムに行くことになった。

■ソルスセイム
ここではミラークという人物を調査することになる。 こ奴があのカルト信者を送り出した人物らしいのだ。

しかし、あたりの人々にミラークのことを聞いても、まるで要領を得ない。 そこで南西にある大地の岩まで出かけ、その岩に触ってみた。

すると一種の憑依状態となり、主人公はせっせと岩を削り始める。

クリックすると元のサイズで表示します


そしてネロスという岩の精?のようなものと会話し、ミラークの情報を聞くことができた。 それによると、ミラークという人物は現存しないが、レイブンロックの町の中央近くにミラークの聖堂があるという。

これがその聖堂らしい。

クリックすると元のサイズで表示します


中に入ると長老のオスレロスという人がいるので話しを聞いてみた。 ミラークについてはよく知らないが、夢で見たことがあるような気がするとのことである。 そして聖堂の奥にアッシュボーンなる邪悪なものがいるので、浄化して欲しいと頼まれた。

奥に入るとかなりの数のアッシュボーンと戦闘になる。 全て倒すと浄化は完了し、オスレロスと話すことになる。

■ミラーク聖堂
この聖堂はレイブンロックの町の北東にある。 

クリックすると元のサイズで表示します


そこに行くとこの狂気の島で唯一まともな人間がいた。 フリアという女性である。 彼女は村長の娘なのだが、この島の人間は皆狂気に取り憑かれてしまった。 それを解除するために調査しているという。

クリックすると元のサイズで表示します


彼女とは共通の目的のために一緒に行動することになった。 ミラーク聖堂へはこの「樹の岩」を作動させるようだ。

クリックすると元のサイズで表示します



The Elder Scrolls V Skyrim プレイ日記その33へ続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ