業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その1350 S.T.A.L.K.E.R.のMOD BACK STREETS OF TRUTHプレイ日記

2014/8/26 | 投稿者: hal

S.T.A.L.K.E.R. SOC BACK STREETS OF TRUTHプレイ日記その11
--------------------------------------
謎のマップを何度も迷いながら進み、ようやく予告なしのポータルに辿りついた所からである。

■X-18 地上
そこはX-18の地上だった。 そして目の前にはVoroninがいる。

クリックすると元のサイズで表示します


Voroninと話したが、彼の話はいつもより更に更に奇っ怪であり、私には隻言半句たりとも理解できなかった。 つまりいつもと同じく奇っ怪至極である、ということである・・・

ともあれ、これでDark Valleyでのタスクは終了となったようで、タスク欄は空白となった。 そして新移動ポイントオープンのメッセージが出る。 場所はDark Valley西端で、no hintとなっているが、位置からいってGarbageへのものだろう。

■Garbage
やはりあの移動ポイントは、Garbageへのものだった。 出た所はGarbageからDark Valleyへの移動ポイントの地点である。

さて・・・ これからどうすべきなのか。 北へ〜ランララランとBarへ行き、BarkeepとVoronin(居ればだが)に会うべきか。 それとも南へ下ってSidorovichと会うのを先にすべきか?

S.T.A.L.K.E.R.の進み方として、大元は「北へ!」である。 ゾーン最南部のCordonに始まり、Garbage・Bar・Army Warehouse・Radar・Pripyatと北上し、最後はCNPPの原子炉建屋(石棺)に終わるというのが、おおよその進み方なのである。

勿論MODでは(或いはバニラでも)、その間に東へ西へと奔走することもあるが、最後はほとんどがゾーン最北部のCNPPである。 このMODでは果たしてどうなのだろうか。

北へ行くのはいつでもできる。 その前に無駄足を覚悟で、もう一度シドのジジイ顔を拝んでくるか。

■Cordon
想像通りSidorovichからは、新しい会話は出なかった。 なにがしのかの食料を仕入れてから、北へ向かうことにした。

■Bar
Barkeepからはなんの話しもない。 Voroninも同様である。 タスク欄は空のままである。

はてさて、これからなにをすべきなのだろうか? まさかこれでエンディングということもあるまい。

ここでDark ValleyでのVoroninとの最後の会話、
dv_voronin_speek_po_dusham_16
を調べると、dialogi_dark_valley.xmlでその会話の後、

give_info>arm_new_problems /give_info>
give_info>dar_soki_prines /give_info>

その後にpodryiv_sledak_dialogがあり、has_info>arm_new_problems /has_info>
がある。 つまりDark Valleyでのタスクは、未だ終わっていなかったのである。

ということで、急遽Dark Valleyへ戻ることにした。

■Dark Valley
さて、ここでは「podryiv_sledak」の人物を特定しなければならない。

「それで、あなたは今日を試みました。 Iメージャー分隊Matushkinaは彼らがギャングSomaを見たこの場所からそんなに詳しく報告しました。 爆発に何かあなたに通知するものがある前に、私に言いますか?」という会話があるので、恐らくはDutyだろう。

というわけで、北の基地へ来た。 そして思いだした。 X-18でのVoroninとの会話の最後に、

「正しい決定がここにあって、私は承認します! 今度は、ここ、Darkバレーの私たちのベースの中にいるCapercaillieに行ってください、そして、以下のことと言ってください。 '入られて、歩かれて、当時のBOOM!' '爆発、震動、しかし、来て、私に見つけられた'義務'の人々を得て、私を助けました!' あなたが私に関する何かを彼に言うなんてとんでもない! 'Capercaillieに報告するように、ところで、すぐベースFreedomsに吹いてください」

というものがあった。 つまり「Capercaillieに報告する」ことを忘れていたのだ。(;´Д`) 

久しぶりに得意技を使ってしまった。 「はやとちり」である。 なるべくこの種の秘技は使わないようにしているのだが、痴情に戻れた嬉しさでついつい・・・

いくら奇っ怪至極であろうとも、重要NPCとの会話は熟読玩味しなければならないのである。 しかし、あの奇っ怪なのを熟読するのは、もの凄く疲れる・・・

Capercaillieは基地の1階にあるロビー風の部屋にいた。

クリックすると元のサイズで表示します


彼の話では、どうやら爆発があったらしい。 

「分隊Matushkinaは彼らがギャングSomaを見たこの場所からそんなに詳しく報告しました。 爆発に何かあなたに通知するものがある前に、私に言いますか?」

とのことなのだが、これはタスクにはなっていない。 この分隊を見つけて尋ねる必要がありそうだ。

しかし、Capercaillieとの話しの後は
give_info>dt_spoke_sledak
となっている。  そのhas_infoは

dialog id="mil_max_speek_po_dusham">
has_info>dt_spoke_sledak /has_info>
dont_has_info>arm_meeting_with_max /dont_has_info>

なので、分隊を探すより、ここでDark Valleyを去り、Garbage・Bar経由でArmy Warehouseに行く必要がありそうである。

尚、前に猫魚及びtkachenkoと話した後、特定のアイテム以外の持ち物は全て無くなると書いたが、ここ迄ではそのアイテムは戻っていない。 Dark Valleyでの全てのタスク完了後に戻ってくるのだろうか?

■Army Warehouse
Maxはいつもの場所にいる。

クリックすると元のサイズで表示します


一つ不思議に思うことがある。 それはこのBACK STREETS OF TRUTHの世界では、DutyとFreedomは友好的関係とは言えないにせよ、仇敵のように憎み合う間柄でもないらしいということである。

普通どのMODでも、DutyとFreedomは犬猿の仲、お互いに殴り込みをかけて殺し合うというのが、通常の関係である。 なのにこのMODでは敵対関係ではあっても、かなり抑制された敵対関係のように見える。

これはこれまでの両者の関係を知るものにとっては、意外なことである。


S.T.A.L.K.E.R. SOC BACK STREETS OF TRUTHプレイ日記その12に続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ