業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その1346 S.T.A.L.K.E.R.のMOD BACK STREETS OF TRUTHプレイ日記

2014/8/22 | 投稿者: hal

S.T.A.L.K.E.R. SOC BACK STREETS OF TRUTHプレイ日記その7
--------------------------------------
Army Warehouseでの度重なるCTDにもめげず(ほんとは大いにめげたが)、CTDは起こってもメインストーリーを進めることが出来そうだとわかり、大いに安心した所からである。

■Army Warehouse
東端の見張り台上の狙撃兵から情報を得ると、Voroninタスクの「情報を見つけろ・PDAを取れ」の「情報を見つけろ」にチェックが入った。 後は狙撃兵の言ったキャッシュを見つけることである。

狙撃兵の言うには、「ここから遠くない、キャッシュを見つけました。 道路に塔から滑降して、すぐに、むけて発ってください、そして、それに沿って、次に、最終に左に曲がってください。 そこを、あなたは一人で見るでしょう」とのことである。

しかし、狙撃兵の説明はかなり、いや非常に奇怪である。 奇怪翻訳だから当然ではあるが・・・ 「すぐに、むけて発ってくれ」とは、「どこにむけて」発てば良いのだろうか? 

そんな簡単なことに悩む必要は毛頭無い。

「すぐに」にむけて発てばよいのだ。 まことにもって帆立貝に簡単である。 では「すぐに」方向へ旅立とう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「すぐに」方向って、どっちの方向?

ここで英文。
「Descend from the tower and immediately left to the road, then along it to the last turn and left. There you will see all by yourself. 」

「塔から降りて、すぐに左の道路へ向かい、道路に沿って進み、左に折れる。 そこであなたは自分の目でそれを見るだろう」というような意味なのだろう。

じゃあ、なぜそう訳さないのだと問われれば、上記を訳するには数週間かかったからだとお答えする。 1行訳すごとに数週間かかっていたら、訳し終わるまでに私は老衰死してしまう。

だから奇怪になるのである。 これまた簡単な理屈である。 まあ、数週間というのは私のいつもの大げさな言いようで、実際には数分だが・・・

狙撃兵のいうように進むと、ここにハッチがある。

クリックすると元のサイズで表示します


そこに近づくとMaxからSMSが入る。

クリックすると元のサイズで表示します


そしてMaxと話すと無事PDA(実際にはフラッシュドライブ)入手。 後はBarに戻ってVoroninにPDAを届けるだけである。

それにしても、今回のArmy Warehouseタスクでは、大変な時間と労力がかかった。

まともに進めれば、30分もかからない程度のタスクなのだが、NPCとの会話で落ちるというエラー(或いはエラーではないのかも知れないが)があったため、その対策にかかった時間が90%以上なのである。

結局その時間と労力は、全て無駄骨だった。 馬鹿馬鹿しい・・・

尚、このMODでもLost World Origin同様に、1マップ当たりのタスク数は少ない。 それでもoriginと違い1つだけということは少なく、2つ3つはあるようだ。

■Bar
100radで一眠りしようと思ったのだが、このBACK STREETS OF TRUTHでは寝袋もベッドもないらしい。 1年365日不眠不休で働けということで、暴*タミと同一の精神構造のようだ。

主人公Raven氏は疲れた身体を引きずって、一路(という程遠くはないが)Duty基地へ。 それでも文句一つ言わない所を見ると、このRaven氏は何かと口うるさい怪談めと違い、温厚純朴な人物らしい。

Omegaの主人公怪談は、今はいないから悪口を言うが、悪辣残酷冷酷残虐卑劣醜悪汚濁凶悪残忍劣悪醜態無様な人物である。

Kaidan「お呼びに応じて出て来たよ。 ようもまあ、それだけ悪態を並べられるな。 どうせ類語辞典から引っ張ってきたんだろ?」

プレーヤー「残念でした。 全て自前DOS。」

Duty基地である。

Voroninと話すと、Dark ValleyにいるTkachenko司令官と話せと言われる。 (タスク欄には表示されない) 又Barマップの最南端にnohitの移動ポイントが出現する。 当然これはDark Valleyへのものだろう。

しかし、マップ上でその移動ポイントにカーソルをあてると、又CTD。 ダメ文字である。 

はて? amk_mod.scriptでの移動ポイントは、既に訳してあるはずなのだが? 再度調べると、訳は途中までだった。(・_・、) 訳し直してこれでOK。 齡のせいか注意力がかなり散漫になっているようである。

■Garbage
Garbageに入ると、前は無かったDark Valleyへの移動ポイントが出現している。

クリックすると元のサイズで表示します


■Dark Valley
さて、tkachenkoはどこにいるのだろうか。 Dark Valleyでの重要ポイントというと、北部のBandit拠点、中部のX-18、南部の廃農園り3つということになる。

Dutyの基地は南部の廃農園に置かれることが多いので、まずそちらに行ってみようか。

しかし、このMODでは南部の廃農園はBanditが占拠している。 となると北部だろうか。 つまりBanditとDutyが入れ替わったとか?

やはりそうだった。 北部のBandit基地は今はDutyの拠点になっている。 しかしここでDutyに話しかけると、またCTD。

[error]Description : No available phrase to say, dialog[dm_hello_dialog]

前と同じエラーである。 面倒なので修正はせずこのまま進めることにした。

元襤褸布の部屋に入ると、懐かしや、Shulga大佐がいる。 とはいえ彼とは会話はない。

クリックすると元のサイズで表示します


そして奥の部屋には、外骨格姿のtkachenko将軍がいる。

クリックすると元のサイズで表示します


S.T.A.L.K.E.R. SOC BACK STREETS OF TRUTHプレイ日記その8に続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ